むちうち・腰椎捻挫の後遺障害とMRI検査

 むちうち・腰椎捻挫関係の後遺障害等級認定申請には、MRI画像を
提出することが非常に重要です!


 交通事故でむちうち(頸椎捻挫)や腰椎捻挫のけがを負った後遺障害(後遺症)
等級認定結果の理由が書いてある書面を見ると、後遺障害診断書に記載されている
自覚症状に対して、まず、画像上の判断が記載されています。

 つまり、これは、むちうちや腰椎捻挫で、頚部や上肢、腰部や下肢に痛みやしびれ
等の神経症状が残った場合の後遺障害等級を判断するに際し(非該当、14級9号、
12級13号)、まず、提出の画像上どうなのかが判断されるものと考えられます。

 むちうちでは頚部の、腰椎捻挫では腰部の、

 ・椎間板の状態
 ・明らかな神経根や脊髄の圧迫が認められるかどうか

 などが重要になってきますが、これらを見るにはMRI検査画像が必要になります
(頸椎や腰椎の椎間板ヘルニアがMRIからわかる場合があります。)。

 ですから、むちうち・腰椎捻挫関係の後遺障害等級認定申請には、MRI画像を提出
することが非常に重要になります。
 MRI検査は、事故後早い時期に実施されているのが望ましいです。

 画像には、そのほかにレントゲン検査やCT検査によるものがあります。
もちろん、頸椎や腰椎に骨折や脱臼があるかどうかという点においては、レントゲン検査も
重要ですし、頸椎、胸椎や腰椎に圧迫骨折があるかどうかを見るにはMRI検査もレントゲ
ン検査も重要だといえます。



MRI画像上の異常所見


 当事務所弁護士がご依頼をお受けした事案では、頚部や腰部で、椎間板膨隆による
(左又は右のいずれか片方に寄った)神経根圧迫所見
が認められ、「局部に頑固な神
経症状を残すもの」として後遺障害12級13号が認定された件がいくつかあります。

 ただし、神経症状12級13号が認定されるには、上記画像上の異常所見だけでなく、
神経学的異常所見が認められる必要がありますし、その他にも重要なポイントがあります。

 もちろん、頚部、腰部、上肢、下肢に痛みやしびれが一貫して存在することが前提です
し、局部神経症状12級13号に該当し得る痛みやしびれというものは、強いものです。

「経年性の変性」ありとの所見がある場合


 後遺障害(後遺症)等級認定結果書面に、

 「経年性の変性所見が認められる」

 と記載されているケースもしばしば見かけます。
 このような場合には、むちうちや腰椎捻挫の後遺障害は等級非該当となってしまうの
でしょうか?

 たとえば、仮に、頸椎や腰椎の椎間板ヘルニアがあり、それが経年性のものであった
としても、交通事故にあう前は全く症状がなかったものが、交通事故がきっかけで症状
が発症した場合に、この症状が全く事故の外力と関係がないというのはいかにも公平に
反すると言わざるを得ません。

 頚部や腰部の画像上経年性の変性が認められると記載されても、局部神経症状として
14級9号が認定されたケースはたくさんありますし、当事務所弁護士がご依頼をお受
けした案件で、このようなケースで14級9号が認定された例はたくさんあります。



事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます