眼に関する後遺障害等級

眼に関する後遺障害と等級については、以下のとおりです。
このほかに、外傷性散瞳や流涙で相当等級が認定される場合があります。

詳しくは、当事務所にご相談ください。

眼の障害の後遺障害等級

【眼球】

種別 障害の程度 等級
視力障害 両眼が失明したもの
1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
両眼の視力が0.02以下になったもの
1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
両眼の視力が0.06以下になったもの
1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
両眼の視力が0.1以下になったもの
1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
1眼が失明し、又は1眼の視力が0.02以下になったもの
両眼の視力が0.6以下になったもの
1眼の視力が0.06以下になったもの
1眼の視力が0.1以下になったもの
1眼の視力が0.6以下になったもの
第1級1号
第2級1号
第2級2号
第3級1号
第4級1号
第5級1号
第6級1号
第7級1号
第8級1号
第9級1号
第9級2号
第10級1号
第13級1号
調節機能障害 両眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの
1眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの
第11級1号
第12級1号
運動障害 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
1眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
第10級2号
第11級1号
第12級1号
第13級2号
視野障害 両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
1眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
第9級3号
第13級3号

 

【まぶた】

種別 障害の程度 等級
欠損障害 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残もの
1眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残もの
第9級4号
第11級3号
第13級4号
第14級1号
運動障害 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
第11級2号
第12級2号
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます