弁護士金田英二の京都へのこだわり

公表では、京都の交通事故は、発生件数負傷者数ともに年々減少しています

しかし、弁護士金田のもとには毎年多くの交通事故の相談があり、お越しになる方はやはり京都の方が多いです。
これは、交通事故の相談のホームページ自体が増え、京都のみなさまの権利意識が向上したこともあると思います。

弁護士が交通事故の相談を受けて、抱いた京都の方の総合的な印象  

金田は、生まれ、育ち、通学が京都であり、調理師の仕事も京都で行い、下京区四条烏丸で弁護士をしています。

交通事故の相談を受ける中で、京都の方は、交通事故の相手方に対し、自分の正当な利益をきちんと主張できているケースが少ないという印象を受けています。
相談をお受けし、交通事故被害者が適正な損害賠償を受けずに事件が終了しているケースが多数あることを、地元で弁護士をしていて感じております。

さきほど、弁護士金田のもとには多くの交通事故の相談があると申しましたが、それでも交通事故の被害のことを(地元の)弁護士に相談し、依頼するという考えがまだまだ希薄だと感じております。
弁護士も、地元での交通事故の被害は、ぜひ地元京都の弁護士に相談していただくことを、みなさまにもっとアピールしていかなければならないと思います。  

・交通事故の被害者が十分なコミュニケーションをとるには、地元の弁護士に相談し、依頼する方がよりスムーズ

・交通事故の被害者が、病院医院への通院に不安なことがあれば、地元の弁護士が、よりくわしく相談に乗ることができる

・交通事故の被害者と病院医院同行も、地元の弁護士に依頼する方がより充実したものとなる

・交通事故の重度被害者が移動が困難だという場合、地元の弁護士は、相談や依頼を受けるときに、出向きやすい

交通事故の被害者が、適正な損害賠償金額を得るには、地元京都の弁護士に相談し、依頼するべきだといったことをもっといえるよう、よりアピールできるよう、弁護士金田は日々努力します。

京都市における平成28年交通事故の発生状況

発生件数は4909件、負傷者数は5792人といずれも12年連続で減少しています。

京都市の11区を見ると、発生件数、負傷者数ともに東山区で微増でしたが、当事務所のある京都市下京区をはじめ、中京区、上京区、北区、南区、左京区、右京区、伏見区、山科区、西京区の10区は減少しています。

京都市で交通事故発生件数が最も多かったのは伏見区で、次いで南区、右京区、下京区、中京区、西京区となっています。負傷者数が多かったのも、伏見区、南区、右京区、下京区、中京区、西京区の順になっています。

このように交通事故発生及び負傷者が減少したのは、京都市で交通事故を減らす取り組み(たとえば、幹線道路で走行位置をわかりやすくする、自転車専用通行帯を作るなど)が行われてきたことが大きいといえるでしょう。

交通事故発生件数や負傷者が減ったといっても、国道1号、国道9号、国道24号、国道171号といった各国道での交通事故発生件数や負傷者は無視できない数字が出ているという印象を受けます。

また、西大路通、嵐山祇園線(四条通のことです)、鹿ヶ谷嵐山線(丸太町通のことです)、四ノ宮四ツ塚線(山科区、東山区、南区を通る道です。)油小路通、外環状線、下鴨京都停車場線(下鴨本通や河原町通)、広河原美山線といった路線も交通事故発生が多発しているといえます。

死亡事故

京都市の交通事故による死亡者数は、平成26年は21人でしたが、平成27年は35人、平成28年は24人となっています。

京都市でも65歳以上死亡者数、自転車乗車中の死亡事故、飲酒運転による死亡事故といった点がまだまだ気になるものといえます。

当事務所が扱った事件の一例

金田総合法律事務所の弁護士が取り扱ってきた、京都市で発生した交通事故後遺症(後遺障害)案件の一例を挙げます(このほかにもむちうち・腰椎捻挫事案は多数あります)。

下京区で発生した交通事故
…脳挫傷・高次脳機能障害、鎖骨遠位端骨折など
南区で発生した交通事故
…脛骨高原骨折、足部骨折、橈骨遠位端骨折、上腕骨近位端骨折、脛骨骨幹部開放骨折・脛腓関節脱臼など
西京区で発生した交通事故
…死亡事故など
中京区で発生した交通事故
…有鈎骨骨折など
右京区で発生した交通事故
…脛骨高原骨折、頚髄損傷、肩鎖関節脱臼など
伏見区で発生した交通事故
…頬骨骨折など
左京区で発生した交通事故
…脳挫傷・高次脳機能障害、大腿骨頚部骨折など
北区で発生した交通事故
…肩腱板断裂など

 

金田総合法律事務所の所在地

 
京都市下京区四条通西洞院東入る新釜座町716-1 四条平野ビル7階

当法律事務所は、四条烏丸の地にあり、四条通りの南側に面したビルの7階にあります。阪急電鉄烏丸駅から徒歩5分、市営地下鉄四条駅からも徒歩5分のところにあります。

四条烏丸は市営地下鉄と阪急電鉄の相互乗換駅になっており、交通の便も良好です。遠方からお越しいただくお客様の交通の便を考えてこの四条烏丸の地で開業しました。また、オフィス街で金融機関も多く、百貨店や市場もあります。

交通事故のけがでお悩みの方が当法律事務所にお越しになって、少しでも前進していただけるようがんばります。

 

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます