学生

手根骨(有鉤骨)骨折 神経症状12級13号 賠償額が278万円から1000万円にアップした事例

ご依頼者は20代男性で、自転車乗車中に四輪自動車に衝突されたという事故でした。 ご依頼者の方は、この事故により、手根骨(有鉤骨)骨折のけがを負いました(その他の傷病名は省きます。)。 治療を継続されるも手の痛みが残りました。後遺障害等級認定では、手の痛みなどの神経症状に関して有鉤骨骨折後の不整癒合が認められたために局部に頑固な神経症状を残すものとして12級13号が認定されました。 その後、相
続きを読む >>

肘の骨折後後遺障害12級が認定され、損害金が290万円から1060万円にアップした事例

被害者は若年女性であり、自転車と四輪車の事故でした。肘の骨折後、肘関節機能障害(後遺障害12級6号)が認定された事案でした。 事前提示金額 相手保険会社からの事前提示額は290万円(1万円未満は省略いたします。)でした。 事故提示金額に疑問を持たれ、当事務所がご相談をお受けしました。その後、ご依頼を受け、示談交渉にあたりました。 示談交渉の結果 結果、最終支払額1060万円(10万円未満
続きを読む >>

膝内側半月板損傷に由来する痛みで後遺障害14級が認定され、合計320万円の支払いを受けることができた事例

被害者:事故時及び症状固定時10代男性(大学生)被害者は二輪車、相手は四輪車の事故でした。傷病名:膝内側半月板損傷    (画像上では外側側副靱帯損傷も指摘されていました。) ご相談・受任 後遺障害診断書の内容の確認ということでご相談に来られ、当事務所がご依頼をお受けしました。当事務所は、後遺障害等級認定申請手続から代理をしました。 自賠責の等級認定結果 結果は非該当でした。急性期に約1ヶ
続きを読む >>

後遺障害等級認定併合6級(高次脳機能障害、下肢短縮)賠償額が約3950万円から約7230万円へアップした事例

男性:症状固定時10代職業:学生事故状況:被害者は自転車、相手は四輪車でした。後遺障害等級:併合6級(高次脳機能障害7級・下肢短縮13級の併合) 弁護士受任前の相手保険会社の提示金額約3950万円   ↓ 当事務所弁護士が受任した結果、解決した金額約7230万円(既払金を除く金額です) 弁護士が保険会社の提示金額を見て特に感じたことは以下の点です。 ● 後遺障害逸失利益の金額提示が低かった
続きを読む >>

後遺障害等級認定14級(膝の神経症状)賠償額が約141万円から380万円へアップした事例

男性:20代職業:学生傷病名:右膝内障(後十字靱帯損傷)事故状況:被害者はバイク、相手は四輪車でした。後遺障害等級:14級9号(膝の神経症状) 解決  弁護士受任前の保険会社の提示金額 … 約141万円            ↓弁護士受任後  … 示談交渉の結果380万円で解決   本件のポイント 後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益、慰謝料の提示額が低いと感じられた事案でした。
続きを読む >>

後遺症(後遺障害)等級認定14級(10代男性 膝の神経症状)合計約410万円で解決した事例

交通事故と治療   学生であった被害者(10代男性)は、塾帰りの夜の横断歩道を、青信号にしたがい自転車で横断していたところ、交差している道路から曲がってきた相手方の四輪車に衝突されるという交通事故にあいました。   被害者は、交通事故当日病院に通院し、膝(ひざ)の打撲等の診断を受けました。骨折、脱臼はありませんでした。  被害者には受傷した膝(ひざ)の痛み、知覚異常などの症状
続きを読む >>

後遺症(後遺障害)等級認定7級(10代女性・顔・外貌醜状障害)合計2351万円で解決した事例

当事者、交通事故発生状況   被害者(10代女性・学生)は自転車に乗っていたところ、四輪車に衝突され、自転車もろとも飛ばされるという交通事故に遭いました。 被害者は病院に救急搬送されました。  被害者は、後に警察に呼ばれて話をすることになったのですが、被害者が事故直前に通っていた道が、四輪車側が警察に伝えていたものと違うことが判明しました。そこで、被害者側が警察と、近隣施設の防犯カメラを確認する
続きを読む >>

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます