その他

脊髄(頸髄)損傷後遺障害9級 弁護士加入後1316万円の支払いを受けた事例

被害者:事故当時70代の男性(年金受給者)四輪車同士の事故で被害車両停車中後方から追突されました。被害者は被害車両同乗者でした。傷病名:頸髄損傷(脊髄損傷) 当事務所受任 最初の等級認定申請(事前認定でした)で非該当となり、ご親族の方が当事務所にご相談に来られました。その後、当事務所がご依頼をお受けしました。異議申立でも非該当の結果は変わりませんでしたが、自賠責・共済紛争処理機構へ不服を申し立
続きを読む >>

脊髄損傷(頸髄損傷)に起因する障害が認められ、非該当から等級9級に変更された事例

ご依頼者:事故当時70代男性事故態様:四輪車同士の事故で、被害車両停車中に後方から追突された事故     でした。     ご依頼者は被害車両に同乗されていました。傷病名:頸髄損傷  当事務所での相談  最初、ご依頼者のご親族が相談に来られました。  相談の内容…後遺障害等級申請の結果が非該当でした(事前認定による申請       でした)。       疑問があるので、相談したいとのことで
続きを読む >>

後遺障害等級認定12級(顔・外貌醜状)賠償額が約115万円から411万円へアップした事例

被害者:事故当時小学校入学前の男子傷病名:頭部裂傷後瘢痕事故状況:被害者は歩行、相手は自転車でした。後遺障害等級:等級12級(額部分の外貌醜状)  ●相手方当初提示額…約115万円(1万円未満の端数は省略させていただきます。)                ↓当事務所がご相談をお受けし、受任   ↓示談交渉の結果最終支払金額約 411万円(1万円未満の端数は省略させていただきます。)で解決しまし
続きを読む >>

交通事故紛争処理センター利用により合計約382万円で解決した事例

男性:40代傷病名:頚椎捻挫事故状況:被害者、相手ともに四輪車でした。後遺障害等級:14級9号(頚部・上肢神経症状14級) 結果 自賠責保険会社及び任意保険会社の双方から合計で約382万円の支払を受けることができました。 《内 訳》■自賠責会社との関係…後遺障害等級14級認定により75万円の支払いをうけました。 ■任意保険会社との関係…交通事故紛争処理センターでの審査会による裁定により、 
続きを読む >>

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます