醜状障害

顔の傷あと(外貌醜状)で併合9級認定 当法律事務所弁護士受任後1706万円の支払を受けたケース

 四輪車同士の交通事故で受傷した被害者(50代男性自営業者)は、顔に傷あと(外貌醜状)が残り、後遺症(後遺障害)等級認定では、外貌醜状9級16号の認定を含む併合9級が認定されました。 当法律事務所弁護士は、治療中から被害者のご依頼をお受けすることになり、後遺症(後遺障害)等級認定申請も代理して行いました(被害者請求)。  (以下もクリックしてごらんください。)  顔に傷あとが残り外貌醜状後遺障
続きを読む >>

顔に傷が残った外貌醜状12級(30代女性 事業所得者) 当初提示賠償額15万円から最終支払額774万円にアップした事例

外貌醜状後遺症12級認定までの経緯   京都にお住まいの30代女性(事業所得者)の方が被害者でした。 自転車に乗っておられ、停車していた車の横を通り過ぎようとしたその瞬間に車のドアが開き衝突して転倒し、顔に傷を負いました。   金田総合法律事務所の無料相談に来られたとき、すでに相手任意保険会社から事前提示額が出ていましたが、最終支払い額は、わずか15万円(1万円未満省略)でした。 被害者の方は
続きを読む >>

弁護士受任後、外貌醜状12級が認定されたケース(女性)

被害者、交通事故の発生   被害者(30代女性)は、自転車に乗車中、四輪車との交通事故被害にあいました。 この交通事故により被害者は顔などに傷を負いました。 無料相談・受任   被害者の女性は、交通事故で顔に傷(外貌醜状)を負ったうえに、相手任意保険会社から極めて低い金額の最終示談提示が送られてきて、二重のショックを受け、どうしたらいいのだろうかと当事務所の無
続きを読む >>

顔に傷あとが残り外貌醜状後遺障害等級9級16号が認定された男性のケース

 以下は、当事務所弁護士が治療中からご依頼をお受けし、後遺症(後遺障害)等級申請を代理して行い、後遺障害等級9級16号(外貌に相当程度の醜状を残すもの)が認定されたケースです。   交通事故、受傷   被害者の方(男性)は、四輪車に乗車して運転中、加害四輪車に衝突されてしまうという交通事故にあいました。 被害車両は大破しました。被害者の方は、顔に外傷を負うほか、頚部
続きを読む >>

主婦 頬骨骨折後の神経症状・外貌醜状 併合11級 弁護士受任後1ヶ月余りで損害賠償額が2.5倍以上アップできた事例

※ 以下の金額は1万円未満を省略しております。 1 交通事故の発生・受傷   被害者は、50代女性の方(有職主婦)でした。自転車乗車中に車に衝突された事故でした。 この交通事故により、頬骨骨折などのけがをし(他にも骨折された部位がありました。)、 後遺症は、この頬骨骨折が原因で顔の神経症状12級と顔の外貌醜状12級が認められ、併合11級が認定されました。   2 当事務所弁護士に
続きを読む >>

併合12級(外貌醜状、神経症状)が認定され、弁護士加入後544万円の支払いを受けた事例

被害者は30代男性で、四輪車同士の衝突事故でした。被害者は、頸椎捻挫や腰椎捻挫の受傷のほか、顔も受傷し、傷あとが残ってしまいました。当事務所がご依頼を受け、自賠責に対する後遺障害等級認定申請から代理しました。 結果 ・外貌醜状で12級14号・頚部と腰部に神経症状が残り、それぞれ14級9号 が認定されました(併合12級になります。)。 その後、示談交渉を行い、相手任意保険会社からは、最終32
続きを読む >>

外貌醜状、神経症状で併合12級が認定され、裁判上の和解で解決した事例

被害者:30代男性(給与所得者)被害者は自転車、相手は四輪車の事故でした。後遺障害は、外貌醜状で12級が、神経症状で14級が認定されていました(併合12級)。 当事務所弁護士が受任し、裁判提起に至りました。裁判では、既払額を除く最終640万円の支払いを受けるという和解が成立しました。裁判提起前には自賠責保険から約298万円の支払いを受けました。 一口メモ 平成22年6月10日以降に発生した事
続きを読む >>

高次脳機能障害・胸椎破裂骨折による脊柱中程度変形障害・外貌に相当程度醜状が残存し、後遺障害等級併合5級が認定され、合計5009万円の支払いを受けた事例

 被害者:症状固定時40代男性 職業:契約社員の方でした。 主な傷病名:脳挫傷、胸椎破裂骨折、下顎骨骨折、顔面挫滅創、顔面瘢痕拘縮 被害者は自転車、加害者は四輪車の事故でした。 ●被害者は事故から長期入院されていました。ご親族からのご連絡をきっかけに、 当事務所は、被害者の方が入院中から事件をお受けしました。●当事務所弁護士は、治療中の休業損害等の交渉を行いました。 当事務所が自賠責保険に後遺
続きを読む >>

後遺障害等級認定12級(顔・外貌醜状)賠償額が約115万円から411万円へアップした事例

被害者:事故当時小学校入学前の男子傷病名:頭部裂傷後瘢痕事故状況:被害者は歩行、相手は自転車でした。後遺障害等級:等級12級(額部分の外貌醜状)  ●相手方当初提示額…約115万円(1万円未満の端数は省略させていただきます。)                ↓当事務所がご相談をお受けし、受任   ↓示談交渉の結果最終支払金額約 411万円(1万円未満の端数は省略させていただきます。)で解決しまし
続きを読む >>

後遺症(後遺障害)等級認定9級(足首の関節機能障害、下肢醜状障害)合計2398万円で解決した事例

  男性:40代 職業:会社員 傷病名:左脛骨骨幹部開放骨折(術後偽関節)     左第5指中手骨開放骨折     左脛腓関節脱臼     左脛骨骨髄炎 事故状況   被害者はバイク、相手方は四輪車の衝突事故でした。 被害者は転倒し、病院に救急搬送されました。   この被害者の方は、交通事故で重傷を負い、長期入院をすることになり(入院も4回することになりました)、それまで勤務していた会社に出
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます