下肢(股関節、膝、足首、足指)

4部位で後遺障害14級9号が認定され、弁護士受任後475万円の支払を受けたケース

事故態様   自動二輪車に乗って道路を直進走行していた京都市にお住まいの方が被害者でした(40代男性会社員)。バイク走行中の被害者の左側を走行していた加害四輪車が、急にハンドルを右に切ってUターンをしました。被害者は進路をふさがれる形になり、何とかよけようとしましたが、加害四輪車に衝突されてしまい、被害者はバイクとともに転倒しました。  被害者は救急搬送されました。  ※ 過失
続きを読む >>

TFCC損傷 ひざ外側側副靱帯断裂 弁護士加入後400万円の支払いを受けたケース

事故状況、被害者   被害者:30代女性(有職家事従事者)     歩行中、自動車にはねられるという交通事故にあいました。   金田総合法律事務所弁護士受任後、異議申立てにより等級が認定される   事前認定での後遺症(後遺障害)等級認定申請が非該当であったために、金田総合法律事務所の無料相談におこしになり、弁護士がご依頼を受け、異議申立てを行い、結
続きを読む >>

TFCC損傷、ひざ外側側副靱帯断裂 異議申立てにより非該当から14級が認定されたケース

被害者、交通事故発生状況、受傷   被害者(30代女性)は、横断歩道を歩行中、四輪車にはねられて転倒するという交通事故にあいました。 この交通事故で、被害者は、一方の手関節付近とひざなどを受傷し、病院に救急搬送されました。主な症状は、手関節痛とひざ関節痛でした。 その後、ひざや手のMRI検査の実施や転院先の整形外科医院でリハビリ継続といった治療経過があり、症状固定となり、後遺症(後遺障害)診断と
続きを読む >>

足関節靱帯断裂 動揺関節12級7号 1177万円の支払を受けたケース

交通事故の発生、被害者   被害者(30代男性、給与所得者) 交通事故:被害者が二輪車乗車中、四輪車に衝突されたという事故でした。 受傷  この交通事故により、被害者は、一方の足関節靱帯(じんたい)断裂を受傷しました(足関節とは足首の関節のことです。)。  被害者の足関節には抜けるような不安定感などの症状が残りました。   後遺症(後遺障
続きを読む >>

大腿骨顆上骨折・偽関節等 後遺障害7級2180万円の支払いを受けた事例

被害者:事故時70代女性  経緯   被害者は、交通事故の被害にあい、一方の大腿骨顆上骨折を受傷しました。 結局、受傷した骨折部位に骨癒合(ゆごう)不全が残ってしまい、1下肢に偽関節を残すものとして、後遺障害 8級9号 が認定されました(ひざの痛みも含めての評価です。)。   また、ひざ関節の可動域制限があり、関節機能障害が残ったと評価され、後遺障害 12級7号 が認定されました。   上
続きを読む >>

交通事故 脛骨高原骨折 後遺症12級7号 弁護士加入後924万円の支払いを受けたケース

  40代主婦の方が被害者でした。 くわしくは、以下をクリックしてごらんください。  40代主婦 脛骨高原骨折 膝関節機能障害12級7号が認定されたケース   当事務所弁護士がご依頼を受け、後遺症(後遺障害)等級認定申請を行い、骨折(脛骨高原骨折)部分のひざの関節機能障害で12級7号が認定されました。   示談交渉   その後の示談交渉も当事務所が代理をしました
続きを読む >>

40代主婦 脛骨高原骨折 膝関節機能障害12級7号が認定されたケース

 被害者:40代女性主婦 被害者が乗車していた二輪車と四輪車が衝突した事故でした。 被害者は転倒し、脛骨高原骨折(脛骨プラトー骨折、脛骨近位端骨折ともいいます。)などを受傷したというケースでした。   当事務所へのご来所(無料相談)    被害者の方は、治療費の打ち切りを告げられたということで、当事務所の無料相談に来られました。   その後、当事務所弁護士がご依頼をお受けすること
続きを読む >>

家事従事者 脛骨プラトー骨折等で併合11級が認定され、弁護士加入後1081万円の支払いをうけた事例

 被害者:事故時70代女性(専業主婦) 事故状況:自転車に乗車中、側方から四輪車に衝突されました。 受傷:脛骨プラトー骨折(高原骨折)、顔の傷など 自覚症状:受傷部位(膝)の痛み、顔の受傷部位のひきつれなど 当事務所のご相談  手術、長期入院、リハビリを経て、症状固定時期に至り、当事務所にご相談に来られ、当事務所弁護士がご依頼をお受けしました。 症状固定時の状況  ・脛骨プラトー骨折  
続きを読む >>

被害者40代男性会社員 腰椎捻挫・膝打撲で併合14級 合計372万円の支払いを受けた事例

被害者   事故時40代男性会社員の方でした(バイク乗車中、四輪車に衝突された事故でした。) 傷病・症状   事故直後から腰痛、一方の下肢しびれ、一方の膝痛を自覚しているということで事故直後から当事務所にご相談に来られました。腰椎捻挫、(一方の)膝打撲(その他の傷病は省略)との診断がなされていました。 整形外科への通院状況    通院期間7ヶ月弱で通院実日数は114日でした。 このほかに
続きを読む >>

左足部骨折で神経症状12級13号が認定され、合計で約1834万円の支払いを受けた事例

 被害者:30代男性(自営業者) 被害者は二輪車、相手は四輪車の事故でした。 傷病名:左足部骨折(その他の傷病名は省略いたします。)  後遺障害:左足部骨折後の痛み(神経症状)で14級9号が認定されましたが、異議申し立てを行い、同部分は、「局部に頑固な神経症状を残すもの」として等級が変更され、12級13号に等級が上がりました。  この異議申し立ては、当事務所弁護士が代理して行ったものです。  
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます