後遺症(後遺障害)等級認定では画像所見が重要です


金田総合法律事務所では…

 これまで、数多くの、被害者請求による後遺障害(後遺症)等級認定申請を
行ってきましたし、現在でも、常時、後遺障害(後遺症)等級認定申請案件を
多く扱っています。

 当事務所の経験から、以下の点をお伝えいたします。

等級認定判断の傾向


 後遺障害(後遺症)等級認定は、損害保険料率算出機構の各都道府県自賠責
損害調査事務所が調査して、実質的判断をすることになります(ただし、損害
保険料率算出機構に損害調査を委託していない団体もあります。)。
 金田総合法律事務所が後遺症申請を取り扱った経験から、判断傾向の印象を
言いますと、


  レントゲン、MRI、CTといった画像上どのような異常があるのか


が極めて重要だということです。

 人間の体の異常の状態を、検査した画像で確認するのですから、画像が非常に
重要だということは、おわかりいただけるものと思います。

 高次脳機能障害、脊髄損傷、骨折脱臼、靱帯損傷、腱板損傷といった傷病は
もちろん、むちうち(頸椎捻挫)、腰椎捻挫にもこれはあてはまることです。


   
画像検査は実施されているでしょうか?

 
 ですから、交通事故で受傷し、後遺症が残り、等級申請をする場合、
それまでに画像検査がしっかりなされていることが必要不可欠といえます。
 それも、事故後早期に撮影されていることが大事だといえます。

 

事故にあわれた方は、早めに金田総合法律事務所の無料相談を
受けていただければと思います。

 
 これまでの当事務所の経験でも、残念ながら、適切な時期に画像検査が
実施されているとはいえないケースがあります。
 被害者やその家族の方のほとんどは、おそらく画像のことはわからない
ものと思われます。
 だからこそ、当事務所の無料相談を早くお受けいただければと思いますし
(初回の段階で無理にご依頼いただくことまで考えていただく必要はありま
せん。)、当事務所としては、この無料相談の中で、お客様が、必要なこと
を一つでも多く知っていただければという思いです。

 

 

 

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます