交通事故と労災保険

 労災保険にはどのような給付があるか

 
 たとえば、通勤中に交通事故にあって受傷したというような場合、労災保険
の給付対象になります(ただし、「通勤」といえるためには、いろいろと要件
があり、これを満たす必要があります。)。
 ここでは、業務中の災害・事故の点は省略し、通勤災害にしぼってご説明
いたします。
 労災保険が適用できるとなると、けがに関し、

  •   ●治療費療養給付といいます)

   が労災保険から医療機関に支払われることになります。
  労災が支払った治療費については、交通事故の加害者側(保険会社
 がついていれば保険会社)に対する求償の問題がありますが、ここ
 では省略いたします。

   また、事故が原因で休業し、収入の減少がある場合、

 

  •    ●休業損害休業給付といいます)

    も支給される可能性があります。

  それだけでなく、症状が残り、後遺症が問題になれば、自賠責の
 後遺症等級とほぼ同じような、

 

  •    ●後遺症等級認定制度障害給付といいます)

  があります。
    この労災保険の使用にはさまざまなメリットがあります。

 

労災保険に関するQ&A

  Q1 労災保険を使い治療をすると、交通事故の損害賠償上メリットはあるのですか。

  Q2 (労災が適用される)事故にあい、勤務先を休まなければならなくなりました。
     労災保険からの休業に関する給付はあるのでしょうか。

  Q3 労災には、後遺症の認定制度はあるのですか。

 

  なお、公務員の方が公務中や通勤中に交通事故で受傷した場合には、
公務員災害補償という労災保険とおなじような制度があります。

  金田総合法律事務所では、交通事故で労災を使用されている案件についてもたくさん
取り扱ってきております。
 くわしくは、当事務所にご相談ください。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます