Q2 労災保険からの休業に関する給付はあるのでしょうか。


Q2 (労災が適用される)事故にあい、勤務先を休まなければならなくなりました。

      労災保険からの休業に関する給付はあるのでしょうか。
 
  
※ 以下、通勤災害の場合の説明になります。

  A 休業給付という支給制度があります。

    休業1日につき給付基礎日額の60%が支給されます。
   4日目の休業からの支給となります。
   交通事故被害者の休業損害総額が、労災からの支給では不十分と考えられる
  場合には、残りを加害者側(任意保険会社)に請求することが考えられます。

 

Q 休業給付にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 
A1 上記休業給付は被害者側に過失があっても、過失を理由に支給が減額
   されたりはしません。
 

A2 上記休業給付には、上記の60%の給付以外に、特別支給金の支給
   受けることができます。

    この特別支給金は、休業1日につき給付基礎日額の20%が支給されます。
   そして、この特別支給金については、加害者側との損害賠償の示談交渉や
  裁判で、支払い済みとして引かれないものです。

 以上は、かんたんな説明にとどまります。具体的な事例を前提としたご相談は、
当事務所の無料相談におこしいただければ幸いです。

 

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます