9級

顔の傷あと(外貌醜状)で併合9級認定 当法律事務所弁護士受任後1706万円の支払を受けたケース

 四輪車同士の交通事故で受傷した被害者(50代男性自営業者)は、顔に傷あと(外貌醜状)が残り、後遺症(後遺障害)等級認定では、外貌醜状9級16号の認定を含む併合9級が認定されました。 当法律事務所弁護士は、治療中から被害者のご依頼をお受けすることになり、後遺症(後遺障害)等級認定申請も代理して行いました(被害者請求)。  (以下もクリックしてごらんください。)  顔に傷あとが残り外貌醜状後遺障
続きを読む >>

顔に傷あとが残り外貌醜状後遺障害等級9級16号が認定された男性のケース

 以下は、当事務所弁護士が治療中からご依頼をお受けし、後遺症(後遺障害)等級申請を代理して行い、後遺障害等級9級16号(外貌に相当程度の醜状を残すもの)が認定されたケースです。   交通事故、受傷   被害者の方(男性)は、四輪車に乗車して運転中、加害四輪車に衝突されてしまうという交通事故にあいました。 被害車両は大破しました。被害者の方は、顔に外傷を負うほか、頚部
続きを読む >>

複視、鎖骨変形等で後遺障害併合9級が認定され、合計2256万円の支払いを受けた事例

被害者:事故時30代女性二輪車と四輪車の事故でした身体の複数部位に損傷が発生しました。 当事務所は、後遺障害等級認定申請手続から代理しました。 後遺障害等級 併合9級でした。 動眼神経麻痺からの眼の運動障害(正面視で複視残存)で10級、肩鎖関節脱臼からの鎖骨変形で12級が認定されました(肩には痛みが残りましたが12級に含めての評価になりました。)。 損害賠償金 後遺障害併合9級認定によ
続きを読む >>

脊髄(頸髄)損傷後遺障害9級 弁護士加入後1316万円の支払いを受けた事例

被害者:事故当時70代の男性(年金受給者)四輪車同士の事故で被害車両停車中後方から追突されました。被害者は被害車両同乗者でした。傷病名:頸髄損傷(脊髄損傷) 当事務所受任 最初の等級認定申請(事前認定でした)で非該当となり、ご親族の方が当事務所にご相談に来られました。その後、当事務所がご依頼をお受けしました。異議申立でも非該当の結果は変わりませんでしたが、自賠責・共済紛争処理機構へ不服を申し立
続きを読む >>

脊髄損傷(頸髄損傷)に起因する障害が認められ、非該当から等級9級に変更された事例

ご依頼者:事故当時70代男性事故態様:四輪車同士の事故で、被害車両停車中に後方から追突された事故     でした。     ご依頼者は被害車両に同乗されていました。傷病名:頸髄損傷  当事務所での相談  最初、ご依頼者のご親族が相談に来られました。  相談の内容…後遺障害等級申請の結果が非該当でした(事前認定による申請       でした)。       疑問があるので、相談したいとのことで
続きを読む >>

後遺症(後遺障害)等級認定9級(足首の関節機能障害、下肢醜状障害)合計2398万円で解決した事例

  男性:40代 職業:会社員 傷病名:左脛骨骨幹部開放骨折(術後偽関節)     左第5指中手骨開放骨折     左脛腓関節脱臼     左脛骨骨髄炎 事故状況   被害者はバイク、相手方は四輪車の衝突事故でした。 被害者は転倒し、病院に救急搬送されました。   この被害者の方は、交通事故で重傷を負い、長期入院をすることになり(入院も4回することになりました)、それまで勤務していた会社に出
続きを読む >>

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます