交通事故で鎖骨骨折を受傷した被害者の方と病院に同行したケース


 交通事故にあい、鎖骨を骨折された被害者の(30代女性の方でした。)方
から当事務所弁護士がご依頼を受けました。すでに症状固定段階となり、主治医
の先生が作成された後遺障害診断書を持参されて当事務所の無料相談を受けられ
ました。

 
 当事務所弁護士は、傷病名から検討しなければならない後遺障害の類型を気に
しながら後遺障害診断書の記載を確認し、その後、診断書等の医療記録も確認した
うえで、主治医の先生のお話をお聞きした方がよいと思い、依頼者の方と病院に
同行することにしました。
 ※本件は、京都府以外の方の事案でした。

 
 主治医の先生には、傷病名から残存している可能性のある後遺症について確認
しましたが、特に残っているのは受傷部位の痛みであるという指摘のみでした。

 
 もう一つ、当事務所弁護士が気になったことがありました。依頼者の方は事故後
から一貫して受傷部位の痛みを訴えておられたのですが、後遺障害診断書の自覚症状
欄には何も記載がなかったことです。
 これについては主治医の先生にお伝えし、依頼者の方にも再確認したうえで記載を
いただきました。
 この痛みの自覚症状を説明するのに、更に医証もそろえて後遺障害等級認定申請
(被害者請求)を行いました。

  結果、鎖骨骨折後の痛みの残存で後遺障害等級14級9号が認定されました

 

ひとこと

 
 局部に神経症状を残すもの(後遺障害等級14級9号)

 局部に頑固な神経症状を残すもの(後遺障害等級12級13号)

 
 などは、交通事故による受傷で残る後遺障害の中で一番多いものといえますが、
このような神経症状の後遺障害が認定されるには、まずは、後遺障害診断書に実際に
存在する痛みやしびれなどの自覚症状がきちんと記載されていなければなりません
もちろん、それ以外にも後遺障害等級が認定されるための条件があるのですが、そも
そも自覚症状欄に自覚症状の記載が全くなければ、痛みやしびれが全くないとの判断
になってしまうおそれがあります。
 十分に注意してください。

  上記病院同行ケースは、示談交渉で早期解決ができました。

 

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます