会社員男性(30代)むちうち、腰椎捻挫併合14級 病院同行ケース

  • 事故態様、受傷

 
 被害者(30代会社員男性の方でした。)は自家用車に乗車して赤信号停車
中に、加害者の車により追突されました。
 この追突事故で、被害者は、それまで全く感じていなかった後頚部痛、腰痛
など発症し病院に通院し、リハビリを継続しました。

 

  • 病院同行

 
 被害者の方からご依頼をお受けした当事務所弁護士は、後遺障害診断の際、
通院先の病院に被害者の方と同行し、主治医の先生と面談しました。

 
 被害者の方には、一方の太ももの感覚鈍麻、ふくらはぎ外側の痛み、足指の
外側の痛みがあったようなのですが、どうも事故当初から主治医の先生に
伝わっていなかったようでした。

  さらに、深部腱反射検査、ジャクソンテスト、スパーリングテスト、ラセー
グテスト、SLRテストといった神経学的検査所見にも異常がないとのこと
でした。

  ただ、当事務所弁護士は、すでに実施されていた被害者の頚椎及び腰椎
MRI検査の画像を見ていました。すると、頚椎のあるレベルに異常があると
考えられる点があり、腰椎のあるレベルにも異常があると考えられる点があり
ましたので、これらの点を主治医の先生に確認したところ、これらの部位には
異常があるとのことでした。
 主治医の先生にご作成いただいた後遺障害診断書には、画像所見、つまり、
C5/6レベルで中心性の小さなヘルニア像があり、圧排がある旨の所見と、
L5/S1レベルで椎間板変性と膨隆がある旨の所見が記載されていました。

 

 後遺症(後遺障害)等級認定結果

 
 後遺症(後遺障害)等級認定結果は、頚部関係も腰部関係も14級9号
(神経症状残存)が認定され、併合14級が認定されました。

 

 自覚症状は事故初期からしっかりと主治医の先生につたえましょう。

 
 今回は、事故当初からの症状が一部主治医の先生に伝わっていないケースでした。
 特に、

   むちうちでは、腕や手のしびれ
   腰椎捻挫では、下肢のしびれ

  などがあれば、それらも重要になってきます。
 自分に実際にある症状はしっかりと主治医の先生に伝えましょう。

  本件は、最終の損害賠償交渉も、示談で早期に解決できました。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます