整形外科医院同行ケース(50代男性 頚部・腰部関係後遺障害14級認定)

 
 自家用車を運転していたときに乗用車に追突された方が被害者でした(50
代の男性でした。)。

 被害者は、この交通事故により、頚部に痛み、腰部に痛み、上肢・下肢知覚
異常などが発生し(この事故までこのような症状はありませんでした。)、整形
外科医院に通院し、リハビリを行っていました。

 通院を継続され、症状固定段階になり、当事務所の無料相談に来られ、当事
務所がご依頼をお受けし、後遺症(後遺障害)等級認定申請の代理をすること
になりました。

  MRI画像のCD-Rを持っておられたので、当事務所弁護士は事前にその
内容を確認させていただきましたが、症状固定直前の時期にご依頼をお受けした
ため、これまでの神経学的所見がどうなっているのかがわかりませんでした。
そこで、後遺障害診断の際に、被害者の方と整形外科医院に同行しました。

 
被害者方と当事務所弁護士との医院への同行

 
 主治医の先生は、大変お忙しい先生でしたが、お会いした際には非常に丁寧
にご説明いただきました。
 主治医の先生も治療の初期から神経学的検査を実施されており、検査には異常
所見が出ていると指摘されました。主治医の先生が把握されていた被害者の自覚
症状も我々の認識と食い違いもありませんでした。
 さらに、MRI画像の所見も当事務所弁護士が画像を見て確認していたものと
矛盾はありませんでした。
 その後、被害者の方は後遺障害診断書の交付を受けることになりました。

 
後遺症(後遺障害)等級認定結果

 
 当事務所弁護士が後遺症(後遺障害)等級認定申請を代理しました。
 結果は、頚部・腰部関係とも14級(神経症状)が認定されました

 

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます