鎖骨遠位端骨折を受傷された被害者の方との整形外科同行(10級認定)

  • 事故態様

 
 被害者は京都の方(女性)でした。
 自転車に乗車していた際、トラックとの交通事故に遭いました。被害者は
自転車とともに飛ばされてしまいました。

 

 受傷(骨折)

 
 被害者はこの交通事故で鎖骨遠位端(鎖骨の肩付近の骨のことです)を骨折
しました。

 

  • 整形外科同行までの経緯

 
 交通事故から2ヶ月後くらいに当法律事務所弁護士がご依頼を受けること
になりました。
 被害者は整形外科医院に通院するも、長い間、鎖骨遠位端骨折部分の骨が
癒合しない状況となりました。被害者の受傷側の肩関節には可動域制限がある
状態で、非常にきつい痛みがあるという状況でした。骨癒合は得られたのです
が、肩関節は拘縮している傾向にあるという経過でした。

  現時点の被害者の症状、所見内容、今後の治療の方向性などを確認するため、
被害者の方と整形外科に同行することになりました。

 

  • 整形外科同行

 
 主治医の先生は非常にご多忙でしたが、事前にご連絡していたこともあり、
丁寧にお話をいただけました。
 当法律事務所弁護士は、鎖骨遠位端骨折部位の状態に関する主治医の先生
のご見解、関節の拘縮について、今後の治療についてなどのお話をお聞きす
ることができました。

   その後、後遺障害診断書の発行を受け、後遺障害等級認定を申請しました。
 この申請には当法律事務所弁護士が代理しました。

  等級結果は、鎖骨遠位端骨折に伴う肩関節の可動域制限の残存について
後遺障害等級10級が認定されました(痛みも含めての評価になりました。)。
 経過の診断書には、骨が癒合しておらず偽関節、受傷部位の肩関節拘縮の
傾向にあるといった所見が記載されていました。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます