走行中の車同士の衝突交通事故でむちうち等を受傷した方との病院同行


 今回は、30代男性会社員の交通事故被害者の方と通院治療されている病院
に同行することになりました。
 この被害者の方は、車を運転していて走行中に他の車に衝突され、むちうち
(くびの捻挫)や腰などを受傷し、病院に通院リハビリを継続していました。

  くびの痛みや腰の痛みが改善せず、あと少しで症状固定となり治療終了とな
る時期に当法律事務所弁護士が受任しました。当法律事務所弁護士は、後遺障
害等級認定申請の代理からすることになりました。

  後遺障害診断の時期までにくびと腰のMRI検査は行われていたのですが、
ほかに神経学的検査が実施されていたのかどうかまで被害者の方は把握されて
いませんでした。

  そこで、当法律事務所弁護士が後遺障害診断の日に病院に同行することになり
ました。

 

  • 病院同行(整形外科)

 
 弁護士と被害者が診察室に入りましたが、主治医の先生は弁護士にはあまり
お話をなされませんでした。
 しかし、被害者の方の症状から実施する必要があると考えられる神経学的検
査はひととおりその場で実施されましたし、被害者の方にも症状固定時の自覚
症状を確認されていました。
 最後に、今後の症状の増悪・緩解の見込みについても、私たちにご指摘を
いただきました。

 

  • 等級認定結果

 
 くびの関係と腰の関係でそれぞれ神経症状14級が認定されました。

 このケースの主治医の先生は、後遺障害診断のこと、患者の症状に対して
必要な検査のこと非常によくご存じで、弁護士が実施をお願いしようと思っ
ていた検査を、ほとんど弁護士が何も言わずに実施していただけました。
後遺障害診断書にも必要な異常所見をご記入いただき、結果、後遺障害等級
が認定されたというケースでした。

  このような病院同行も有益であるということでご紹介しました。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます