交通事故の後遺障害等級と損害賠償

後遺障害(後遺症)等級の認定がなぜ重要なのか

 
  交通事故でけがをし、通院      後遺障害(後遺症)等級認定を申請
(場合によっては入院もして)   する問題があります!
 治療したけど症状が残った場合    


 1級から14級まである      後遺障害逸失利益
 後遺障害(後遺症)等級の  →  後遺障害慰謝料
 いずれかが認定された場合    (重度後遺障害のケースで場合により)
                  将来介護費用
                  などという損害費目の賠償の問題が出てきます。

  つまり、これらの損害費目が増えることによって全体の損害賠償額が増えること
が見込まれます(この点、くわしくは当事務所にご相談ください。)。
 後遺障害(後遺症)等級が認定されるかどうかで全体の損害賠償額が、かなり
違ってくる可能性があるので、後遺障害(後遺症)等級認定が重要なのです。

以下、具体例をあげて考えます。

 むちうちで、局部神経症状が残り、後遺障害(後遺症)等級14級が認定された
 年収360万円の方が、労働能力喪失期間5年と判断されたケース

    ※ むちうちで後遺障害(後遺症)14級が認定された場合、5年までを
    一応の目安とするという考えがあります。
  ※ 被害者の過失はゼロであると考えます。
  ※ 後遺障害慰謝料は、特段考慮する事情がないものとし、大阪の裁判基準で
    考えます。

 この場合、後遺障害(後遺症)が認定されたことにより、
  後遺障害(後遺症)逸失利益
  後遺障害(後遺症)慰謝料
 が認められることになります。

 
  後遺障害(後遺症)逸失利益は … 77万9310円 になります。
  (計算式)
   360万円×0.05×4.3295(小数点第五位四捨五入した数字です)
   =77万9310円

   後遺障害(後遺症)慰謝料は … 110万円 になります。

   合計で、187万9310円となります。

   この例にしたがえば、もし、後遺障害等級14級が認定されるべきケースで
 ありながら後遺障害等級が認定されなかったとすれば、187万9310円の
 損害賠償が受けられなくなってしまうということになります。

 

  •  症状固定時32歳の年収470万円の方が、上腕骨大結節骨折後の肩関節機能障害
     
    で後遺障害(後遺症)等級12級が認定され、14%の労働能力喪失が67歳まで
     
    あると判断されたケース

    ※ 労働能力喪失期間の終期は原則67歳までとされています。
  ※ 被害者の過失はゼロであると考えます。
  ※ 後遺障害慰謝料は、特段考慮する事情がないものとし、大阪の裁判基準で
    考えます。

  この場合も、後遺障害(後遺症)が認定されたことにより、
  後遺障害(後遺症)逸失利益
  後遺障害(後遺症)慰謝料
 が認められることになります。

 
  後遺障害(後遺症)逸失利益は … 1077万4224円 になります。
  (計算式)
   470万円×0.14×16.3742(小数点第五位四捨五入した数字です)
   =1077万4224円(小数点第一位四捨五入)

   後遺障害(後遺症)慰謝料は … 280万円 になります。

   合計で1357万4224円になります。

   この例にしたがえば、もし、後遺障害等級12級が認定されるべきケースで
 ありながら後遺障害等級が認定されなかったとすれば、1357万4224円の
 損害賠償が受けられなくなってしまうということになります。

 

 後遺障害(後遺症)等級が認定されるのとされないのとでは、損害賠償額が大幅に
変わってくるおそれがあることは、上の2例でもおわかりいただけるものと思います。

  ですから、

   症状に見合った適切な後遺障害(後遺症)等級が認定されるということは
 非常に重要であるということ

  をご理解いただければと思いますし、

   症状に見合った適切な後遺障害(後遺症)等級が認定されるには、事故に
 あった後、早い段階からの対応が重要であること

  もあわせてご理解いただければと思います。

 

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます