症状固定時期の後遺症(後遺障害)診断の大まかな流れ

  
交通事故で傷害を受け、通院を継続したけれども症状が残り、後遺症診断の段階になったら

 
 かかっていた主治医の先生に後遺障害診断書を書いてもらい、後遺症等級認定
申請をすることになります。

  以下、対人賠償の場合のみを念頭においた説明をします。

 

  • 後遺症診断って何をしたらいいの?

 
 一般的に重要な点を申し上げると、後遺障害診断書の作成です。
(ただし、重要な点はこれだけにとどまるものではありません。くわしくは、
 お早めに、当事務所の相談におこしいただければと思います。)

 以下、かんたんに流れを説明いたします。

  • 後遺障害診断書の書式を入手する

  後遺障害診断書は書式が決まっています。入手方法は、通常、相手任意
 保険会社や相手自賠責保険会社に連絡して送ってもらうことになります。

  • 書式を入手したら、かかっている病院や医院に持参して後遺症診断を受ける

  後遺障害診断書の書式を入手したら、それを通院している病院や医院に
 持参して、後遺障害診断を受け、その医師の先生に後遺障害診断書を記載、
 作成してもらいます。

  注意点!
   
診断書というものは、医師法上、医師しか交付できないものです。
   ですから、医師の先生に作成いただかなければなりません。 

  • 作成された後遺障害診断書の交付を受ける

  主治医の先生が作成されたら、後遺障害診断書の交付を受けることになり
 ます。当事務所の経験上では、後日に交付を受けるケースがほとんどです。

  当事務所がこの段階までに、または、この段階で、ご依頼を受けたら、
 後遺症(後遺障害)等級認定のサポートも行っております。
  
交通事故被害者の方が症状に見合った適切な後遺症(後遺障害)等級が
 認定されるために努力いたします。

  後遺症認定申請サポート(クリックしてごらんください。)
  もごらんいただけばと思います。

 

  • 後遺障害診断書を作成してもらい、入手したら?

 
 後遺障害診断書を相手任意保険会社宛提出することで、後遺障害等級認定申請
をする方法(事前認定制度)

  と

  後遺障害診断書を相手自賠責保険会社宛提出することで、後遺障害等級認定申請
をする方法(被害者請求制度)

  があります。

 
 被害者請求制度は、後遺障害診断書以外にも取り付ける資料や記載するべき
資料が色々とあります。
 この点、当事務所では、被害者請求による後遺症等級認定では具体的なケース
ごとに応じた対応が必要と考えていますので、ほかに提出する資料があるかどうか
を細かく検討します。 

  • 後遺症(後遺障害)等級認定申請をした後は?

 
 結果を待つことになります。
 ただ、被害者請求などでは、追加で資料の提出を求められることがありますし、
醜状障害が問題となる場合には、損害保険料率算出機構の各都道府県自賠責損害
調査事務所の面談が入ることもあります。

  ですので、どんなけがでも流れが全く一緒というわけではありません。
 個々のケースでおおよそどういう流れになるかついては、当事務所の無料相談
にお越しいただければと思います。

  • 注意点

 
 症状固定時、後遺症(後遺障害)診断の時期になって初めてご相談を受けた
ときに、必要な検査が実施されていなかったことが判明したり、その他、後遺症
(後遺障害)等級認定との関係でマイナスの事項があることが判明した、という
ケースがあります。

  お早めに、当事務所の無料相談を受けていただければ幸いです。

 

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます