交通事故の診断書、診療報酬明細書をご存じでしょうか?

 自賠責様式の診断書、診療報酬明細書

 
 交通事故にあい、ケガをしたら、医療機関に入院や通院をすることになります。
 加害者側の任意保険会社が治療費を出すことになりますと、病院や医院で診断書、
診療報酬明細書が作成され、それを加害者側任意保険会社が受領し、病院や医院に
治療費が支払われるということになります。

 

どのような様式なの?

 
 この診断書、診療報酬明細書は、自賠責の様式で書式が決まっています。

 

どのようにして作成されるの?

 
 上記のとおり、加害者側保険会社が治療費を支払う場合には、加害者側保険会社
が医療機関に連絡して取り付けることになります。

  この場合、特に、被害者側が交付を求めなければ、被害者の手元にない状況で
最終示談交渉まで進むことも少なくありません。

  しかし、診断書、診療報酬明細書というものは重要な書面であり、その記載に
誤記がないかどうかなどを適切な時期に確認しておく必要があるといえます。 

  • 労災保険の場合

  交通事故でけがをした被害者につき、労災保険も適用できる場合に、
労災保険から治療費(療養給付、療養補償給付)が支払われている場合に、
この自賠責様式の診断書・診療報酬明細書が作成されていないときがあり
ますので、注意する必要があります。 

  • その他

 診断書、診療報酬明細書に関しては、注意点があります。
 くわしくは当事務所にお越しいただいてのご相談になります。

 

一枚だけしか作成されないの?


   入院・通院が継続する場合、自賠責様式の診断書、診療報酬明細書は、1ヶ月
ごとに作成されることが多いといえます。

 この自賠責様式の診断書、診療報酬明細書は、交通事故人身損害問題では色々な
意味で非常に重要な書類になります。

  ご不明な点があれば、当事務所にご相談ください。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます