自賠責様式の診断書・診療報酬明細書の重要性(その1)


 自賠責様式の診断書・診療報酬明細書は、交通事故人身損害問題の
いろいろな意味で重要な資料になります。

 
後遺症(後遺障害)等級認定申請で、必要提出書類になります。

 
 交通事故によるけがで症状が残った場合、後遺障害等級認定申請をする
ことになるでしょう。
 被害者請求により後遺障害等級認定申請をする場合、手続は被害者側が
行わなければならず、その際、自賠責様式の診断書・診療報酬明細書の
提出を求められます。診断書・診療報酬明細書を提出しなければ、後遺
障害等級認定申請手続が先に進まないことになります。

  事前認定手続のくわしいお話については省略しますが、この事前認定
手続の段階でも、被害者の手もとに診断書・診療報酬明細書がないケース
があります。
 むしろ、当事務所弁護士が初回無料相談をお受けした経験上、等級結果が
出ても被害者の手もとに診断書診療報酬明細書がないということの方が多い
のです。
 もし、この診断書、診療報酬明細書に誤記があり、そのまま後遺障害等級
認定申請をされたら、その誤記の部分のとおり判断されるおそれもあります。

  ですから、少なくとも、後遺障害等級認定申請の段階では、この診断書・
診療報酬明細書の記載内容を確認しておくことがのぞましいといえます。

  この診断書・診療報酬明細書は、いろいろな点を確認し、注意する必要
があります。

 
 これから後遺障害等級認定を申請する段階で、診断書・診療報酬明細書を
お持ちの方もおられるものと思います。このような方は、何か診断書・診療
報酬明細書の記載でご不明な点や疑問はないでしょうか。
 当事務所にご相談いただければと思います。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます