大腿骨顆部骨折

 
大腿骨顆部(だいたいこつかぶ)

 
 股関節とひざ関節の間にある下肢の骨のことを大腿骨いいます。
 その大腿骨のうち、ひざ関節付近の部分を大腿骨顆部といいます。

 

  • 交通事故と大腿骨顆部骨折

 
 交通事故で、この部分を強く打った場合などに発症することがあり、大腿骨
顆部骨折を受傷したら、立ったり歩いたりすることができないほどになります。
 また、受傷部位に痛みが出たり、腫れが出たりします。

 

  • 大腿骨顆部骨折の治療法

 
 大腿骨顆部骨折は、重度の傷病であり、多くの場合に骨がずれるといえます
ので、手術による治療をすることが多いでしょう。
 そして、主治医の先生の指示のもとでリハビリテーションを行っていくこと
になると思います。

 

  • 大腿骨顆部骨折を受傷して残るおそれのある後遺症(後遺障害)

 
 ○ひざ関節機能障害(可動域制限)
 
 ・後遺障害8級7号
  ・
後遺障害10級11号
  ・
後遺障害12級7号

    骨折部位がひざに近いこともあり、ひざ関節の可動域制限が残り、
  ひざ関節機能障害が残る可能性があります。
 

 ○神経症状 
  ・後遺障害12級13号
  ・
後遺障害14級9号

    ひざ関節機能障害が認定されない場合でも、受傷部位に痛みやしびれ
  などがある場合には、神経症状の後遺障害が認定される可能性があります。

 
  当事務所がご依頼をお受けしたものでは、大腿骨顆上粉砕骨折を受傷し、
 同部位に癒合不全が残り、偽関節が残ったとして後遺障害8級9号が認定された
 というケースがありました(以下をクリックしてご覧ください。)。

  大腿骨顆上骨折・偽関節等 後遺障害7級2180万円の支払いを受けた事例

 
 以上のほかにも気をつけなければならない後遺症(後遺障害)はあり得ます。
 この点については、当事務所にお越しいただいてのご相談になります。

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます