交通事故とひざの半月板損傷について

ひざの半月板とは

 
 大腿骨(股関節とひざの間にある長い骨のことをいいます)と脛骨(膝と
足首の間にある長い骨のうち、太い方の骨のことをいいます)の間にあるもの
で、ひざの内側と外側にあります。クッションの役割をしています。

 

交通事故でひざの半月板を損傷する場合とは

 
 当事務所の印象としては、バイクや自転車の乗っていて交通事故にあい受傷
するケースが多いといえます。

 

  • 半月板損傷に関する当事務所受任解決事例

 
 膝内側半月板損傷に由来する痛みで後遺障害14級が認定され、合計320
万円の支払を受けることができた事例
 (クリックしてごらんください。)

 

  • 半月板損傷に関する検査は?

 
 半月板損傷を確認するための検査としては、MRI検査が重要になります。  
 その他、関節鏡検査などがあります。
 また、いくつかのテストもあるのですが、これについては、当事務所でのご相
談でご説明いたします。 

 

ひざの半月板を損傷した場合の症状

 
 受傷部位に痛みがでたりします。

 

  • 交通事故で半月板損傷を受傷して、残存するおそれのある後遺障害

 
 上記のとおり、痛みの症状がでたりしますので、

 局部に神経症状を残すもの(後遺障害等級14級9号)
 局部に頑固な神経症状を残すもの(後遺障害等級12級13号)

  などの後遺症(後遺障害)が残る可能性があるといえます。
 当事務所弁護士がほかでお聞きしたところでは、ひざの半月板損傷でひざ
関節機能障害(後遺障害12級7号)が認定されたケースがあったようです
が、ひざの半月板損傷のみの受傷ではまれなケースであるといえます。

 

ひざの靱帯(じんたい)損傷との併発

 
 ひざの半月板の近くには、

  前十字靱帯
  後十字靱帯

 などの靱帯があり、半月板を損傷するような外傷を負った場合、これらの
靱帯も損傷するケースがあります。
 このような場合には、ひざの関節機能障害に注意していかなければならない
でしょう。ひざの関節機能障害のうち、動揺関節(関節が不安定となり、ぐら
ぐらする状態になることをいいます。)が問題となるケースでは、ストレスレ
ントゲン検査の実施が必要となる等注意点があります。
 くわしくは、当事務所にご相談ください。

 

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます