脊柱変形の後遺障害について

 脊柱(せきちゅう)とは

 
 簡単にいうと背骨のことです。
 後遺症(後遺障害)との関係では、

    7個の頚椎
   12個の胸椎
    5個の腰椎

 のことをいい、仙骨や尾骨は脊柱に含みません。

 

脊柱変形に関する交通事故の後遺障害

 
 脊柱変形に関する後遺障害には以下のようなものがあります。

 1、脊柱に変形を残すもの・・・後遺障害等級11級7号

   次のいずれかに該当するものをいいます。

   ①、脊椎(頚椎、胸椎、腰椎)圧迫骨折等を残しており、そのことが
     エックス線写真等(CTやMRIなど)により確認できるもの

     (以下をクリックしてごらんください。当事務所解決事例もあります。)
     交通事故による頚椎圧迫骨折、胸椎圧迫骨折、腰椎圧迫骨折と脊柱変形

    ②、脊椎固定術が行われたもの(ただし、除外要件があります。)

     (以下の当事務所事例をクリックしてごらんください。)
     頚椎捻挫後頚椎固定術が行われ後遺障害11級7号が認定されたケース

 
    ③、3個以上の脊椎について、椎弓切除術等の椎弓形成術を受けたもの

 

2、脊柱に中程度の変形を残すもの・・・後遺障害等級8級相当

   レントゲン写真等により脊椎圧迫骨折等を確認することができる場合であり、
  かつ、次のいずれかに該当するものをいいます。

   ①、脊椎圧迫骨折等により1個以上の椎体の前方椎体高が減少し後彎
    (かんたんにいえば、背中が丸くなることです。)が生じているもの
     ※ 前方椎体高の減少については、当事務所の無料相談でご説明
      いたします。 

     (以下の当事務所事例もクリックしてごらんください。)
     胸椎破裂骨折で脊柱に中程度の変形を残す後遺症が認定された事案
    
の後遺障害診断書記載例

 
   ②、コブ法による側彎度が50度以上であるもの

 
   ③、環椎(第1頚椎のことです)又は軸椎(第2頚椎のことです)の変形
    ・固定(固定術が実施されたケースを含みます)により、以下のいずれ
     かに該当するもの

      ア、60度以上の回旋位となっているもの
      イ、50度以上の屈曲位又は60度以上の伸展位となっているもの
       (アとイは、軸椎以下の脊柱を可動させずに自然な肢位で回旋位、
        屈曲伸展位の角度を測定することになります。)
      ウ、側屈位となっており、レントゲン写真等により、矯正位の頭蓋底
        部の両端を結んだ線と軸椎下面との平行線が交わる角度が30度
           以上の斜位となっていることが確認できるもの

 

3、脊柱に著しい変形を残すもの・・・後遺障害等級6級5号

  レントゲン写真等により脊椎圧迫骨折等を確認することができる場合であり、
  かつ、次のいずれかに該当するものをいいます。

   ①、脊椎圧迫骨折等により2個以上の椎体の前方椎体高が著しく減少し
    後彎が生じているもの
     ※ 前方椎体高の減少については、8級のケースとは要件が違いま
       す。くわしくは当事務所の無料相談でご説明いたします。

   ②、上記2(8級相当)の①及び②をみたすもの。

 

 上記各後遺障害の説明だけでも十分ではありません。
 よりくわしい説明については、具体的事案を前提に当事務所の無料相談をご利
用ください。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます