腰椎、胸椎、頚椎の破裂骨折について

  • 腰椎、胸椎、頚椎の破裂骨折(はれつこっせつ)とは

 
 椎体(ついたい:かんたんには背骨のことと思っていただければと思います。)
の前壁も後壁もつぶれてしまう骨折のことを破裂骨折といいます。
 椎体の前壁のみがつぶれる場合を圧迫骨折(あっぱくこっせつ)といいます。

 

  • 破裂骨折は重傷です

 
 椎体の中央には脊髄があります。破裂骨折をすると、この脊髄が損傷する危険
性があります。このことからも破裂骨折は重傷であることがおわかりいただける
ものと思います。
 交通事故で破裂骨折を受傷した場合には救急搬送され、手術が実施されること
になるでしょう。

  後で述べる当事務所が受任・代理した事例は、被害者の方が自転車乗車中に、
対向の四輪車がセンターラインオーバーをしてきて被害者の自転車に衝突したと
いう事案でした。
 このケースで被害者の方は第5胸椎破裂骨折を受傷し、第1胸椎から第8胸椎ま
での胸椎後方除圧固定術という手術がなされ、椎弓根スクリューが挿入されました。

  胸椎破裂骨折で脊柱に中程度の変形を残す後遺症が認定された事案の
 後遺障害診断書記載例
(クリックしてごらんください)

 

  • 交通事故による腰椎、胸椎、頚椎破裂骨折と後遺症(後遺障害)

 
 破裂骨折を受傷した場合、以下の後遺障害が問題となります。

 脊柱変形障害

  脊柱に変形の残すもの(後遺障害等級11級7号) 
  脊柱に中程度の変形を残すもの(後遺障害等級8級相当)
 
脊柱に著しい変形を残すもの(後遺障害等級6級5号)

   ※上記の当事務所受任・代理事案でも、当事務所弁護士は、後遺障害
   診断の際に、破裂骨折した胸椎の圧潰についてきちんと記載していただ
   くようアドバイスをしました。この事案では、脊柱関係では後遺障害等
   級8級相当が認定されました。

 脊柱運動障害等

  このほか、上で述べたとおり、椎体の中央には脊髄があります。
  破裂骨折をすると、この脊髄が損傷する危険性があります。
  たとえば、手足のしびれ、麻痺、排尿、排便などの障害が考えらえます
 (脊髄症状に関する具体的な症状、必要な検査、後遺障害診断に向けての準備
などについては、当事務所の無料相談でくわしくお話をいたします。破裂骨折
のケースにおいても受傷直後のレントゲン及びMRI検査の実施は重要です。)

  
    破裂骨折を受傷したケースでは、ご家族の助力も必要だと思います。
  このような受傷をされた方やそのご家族はお早めに当事務所にご相談ください。

  ご家族の方におかれましては、被害者の方がご入院中であっても、ご遠慮なく
当事務所にご相談ください。

 

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます