交通事故後遺症(後遺障害)等級認定の異議申立て

  • 後遺症(後遺障害)等級認定結果に不服がある場合

 

 後遺症(後遺障害)等級認定結果が返ってきたけど等級が認定されなかった
(後遺症等級非該当)

  後遺症(後遺障害)等級認定結果が返ってきたけど思ったよりも低く認定
 されていた

 
 たとえば、交通事故被害者の方が後遺症(後遺障害)等級認定を求め、上の
ような結果となり、納得がいかないというような場合、不服申立ての手段である、

 
 後遺症(後遺障害)等級の異議申立て

  を考えていくことになります。

 

  • 異議申立てにはどのような方法があるか?

 
 異議申立ては、大きく分けて以下の3つがあります。

 1、相手任意保険会社又は相手自賠責保険会社を窓口にして異議申立てをする方法

 2、自賠責保険・共済紛争処理機構に不服を申し立てる方法

 3、裁判(訴訟)で正当な等級認定を求めて争う方法

 

  2については、原則的な要件がありますが、別の機会に述べることにします。
  それぞれについて回数や期間の制限があるのか、新たな資料などどうしたら
 いいのか、1については任意保険会社・自賠責保険会社どちらに申請していくの
 かなどといったことなどいろいろな疑問があると思いますが、これについても
 別の機会に述べていきます。

   ただし、後遺症(後遺障害)等級認定の異議申立てというのは厳しいステージ
 であることはご理解いただきたいと思います。

 

  • 金田総合法律事務所でできること

 
 金田総合法律事務所弁護士は、これまで数多くの異議申立てを取り扱ってきて
おりますし、当法律事務所弁護士が異議申立てを代理して、上位等級に変更認定
されたケースは数多くあります(くわしいことは解決事例をごらんいただければ
と思います。)。

  当法律事務所では、このような経験に基づき、個々の相談ごとに、異議申立て
をして後遺症(後遺障害)等級が変更される見込みがあるかどうか(異議申立てで
主張できる材料があるかどうかも含めての話になります。)を検討していきます。

 

 後遺症(後遺障害)等級認定結果が返ってきたけど等級が認定されなかった
(後遺症等級非該当)

  後遺症(後遺障害)等級認定結果が返ってきたけど思ったよりも低く認定
 されていた

  上のような状況にある方は、当事務所無料相談をご利用いただければと思います。

 

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます