金田総合法律事務所弁護士が特に力を入れているのは交通事故の後遺症(後遺障害)等級認定です

 
 交通事故にあってけがをした被害者の方がいちばん望むことは、事故前の体に戻
りたいということだと思います。
 当法律事務所弁護士も、交通事故で受傷した被害者の相談をうかがい、まずは、
被害者の症状が治る、または、少しでも良くなることを願ってやみません。
 症状が治る、または、少しでも良くなるために弁護士から知恵を出せるのであれ
ば出し、お力になれるようがんばります。

 ところが、どんなに治療をがんばっても、交通事故で受傷したけがや症状がそれ
以上良くならないケースが発生することも避けられません。
 では、交通事故によるけがが治らなかった被害者はどうしたらいいのでしょうか。

 民法上、損害賠償は、原則金銭で行うとなっています。つまり、受けた被害に相当
する適正な金額で賠償を受ける方法しかないといえます。
 この金銭賠償の中で、すごく大きなウエイトを占めているのが後遺症(後遺障害)
の損害です。

  後遺症(後遺障害)の損害を適正に受けるためには、症状に相当する後遺症(後
遺障害)等級認定を受けることが重要になります。
 適正な後遺症(後遺障害)等級認定を受けることができれば、相手方との最終の
損害賠償交渉(示談交渉)が、よりしやすくなるといえますし、たとえ、示談交渉が
決裂しても、その後の訴訟(裁判)でも、被害者のために、より見通しが立てやすく
なるといえます(もちろん、受傷した傷病によっては例外もあろうかと思いますが)。

  しかし、

    本来受診するべき診療科で受診していなかった
    十分な通院ができていなかった
        必要な検査が実施されていなかった
        後遺障害診断書に実際にあったはずの所見が記載されていなかった

   などで、

   症状に相当する後遺症(後遺障害)等級認定が得られない

    事態が発生するおそれがあります。

  そうすると、
  後遺症(後遺障害)の損害を適正に受けることもかなわなくなってしまいます。

 

 金田総合法律事務所の弁護士は、交通事故でけがをされた被害者の後遺症(後遺障
害)等級認定に、特に力を入れてきましたし、今後もより一層の力を入れていきます。
 金田総合法律事務所の弁護士は、これまでの数多くの後遺症(後遺障害)等級認定
案件の実績と経験を生かし、交通事故被害者が症状に相当する後遺症(後遺障害)等
級認定を得られるようがんばります。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます