京都で交通事故の相談をたくさん取り扱っている弁護士から伝えたいこと

  • 京都でたくさんの交通事故の相談を受けてきた弁護士の感想

 
 当法律事務所弁護士は、これまで京都でたくさんの交通事故の相談を
お受けしてきましたが、その中で残念なこともあります。そのうちの一つ
を以下あげます。

  当法律事務所に交通事故の相談におこしになる前に、他の交通事故の
相談を受けられた方も少なからずおられます。
 当法律事務所の交通事故相談で、その方々から、

  相談に行ったけれど、治療段階では弁護士はすることはない 
  弁護士の相談が必要なのは、示談(損害賠償)の段階になってから

  など、と言われた
  ということを耳にすることがあります。

  その方々の中には、まだ事故後初期の治療段階で、弁護士がすることは
ないと言われ、どうしていいかわからない状態になった方もおられます。
 その方は、弁護士の法律相談を受けてもご自分の悩みが消えず、むちうち
や腰椎捻挫の受傷で、大きな病院への通院について悩んでいるにもかかわら
ず、どうしていいかわからず、

  痛みやしびれがあるのに医師にちゃんと伝わっていない
 
必要な検査が受けられていない
 
通院日数が少ない

  といった状況で相手方保険会社から治療費を打ち切る旨言われた、とい
うことで当法律事務所の交通事故の相談におこしになった方もおられます。

  最初の交通事故の相談で、治療中に弁護士の出る幕がない旨言われたら、
たとえ相談が無料であったとしても、すぐにまた弁護士の交通事故の相談を
受けようという気にならないとしても、それは無理もないものと思います。

 

 交通事故の相談は、交通事故事件をたくさんとりあつかっている弁護士へ

 
 治療中、治療の初期から気になることはどうしても出てくるものであるし、
弁護士からアドバイスをすることはあるというのが当法律事務所弁護士の意見
です。
 先の例でいえば、初回の無料相談で、具体的な症状を細かくお聞きし、今後
の大まかな通院治療の流れを相談にこられた被害者の方にお伝えできれば、少し
は被害者の方も安心されるものと思います。京都であれば、通院する医療機関に
ついても一緒に考えていくということもできれば(もちろん可能な限りでですが)
お悩みを一つ減らせるかもしれません。

 
 当法律事務所では、交通事故被害者の方の正当な利益のため、交通事故の相談
におこしになった段階、段階で、気になること、できそうなことを可能な限り伝
えていくといった相談を実施しております。

  京都の交通事故は、ぜひ当法律事務所弁護士に相談ください。

 

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます