交通事故と肩の後遺症(後遺障害)について

  • 交通事故で肩の後遺症(後遺障害)が発生するおそれのある場合とは

 
 これまで金田総合法律事務所では、肩の後遺症(後遺障害)等級認定案件
を数多く取り扱い、そして、解決してきました。
 その経験から述べることですが、交通事故で肩の後遺症(後遺障害)が発生
するおそれのある場合とは、

  被害者が、バイクや自転車に乗っていて交通事故にあい受傷したケース

 がやはり多いです。

 

  • 交通事故で肩の後遺症(後遺障害)が発生するおそれのある傷病名

 
 以下、一例をあげます。

  • 骨折、脱臼

  肩鎖関節脱臼(けんさかんせつだっきゅう)

  鎖骨遠位端骨折(さこつえんいたんこっせつ)

  上腕骨近位端骨折(じょうわんこつきんいたんこっせつ)

  上腕骨大結節骨折(じょうわんこつだいけっせつこっせつ)

 
  肩鎖関節脱臼や鎖骨遠位端骨折は、鎖骨の変形 という後遺症にも注意
 する必要があります(後遺障害12級5号)。
  また、上腕骨近位端骨折などについては、長管骨の変形 という後遺症
 にも注意する必要があります(後遺障害12級8号)。

骨折や脱臼はないものの、腱が断裂・損傷した場合

  肩腱板(かたけんばん)断裂・損傷

その他

  肩の拳上に支障が生じるものとして、
 腕神経叢(わんしんけいそう)損傷(引き抜き損傷)

 

肩の後遺症(後遺障害)として認定可能性がある等級

肩関節機能障害

   後遺症(後遺障害)8級6号
   肩関節の用を廃したもの

   後遺症(後遺障害)10級10号
         受傷した側の肩の可動域が受傷していない側の可動域の2分の1
   以下に制限されているもの。

   ※以上につき、人工関節・人工骨頭が挿入置換されたケースについて
   はここでは省略いたします。

    後遺症(後遺障害)12級6号
   
受傷した側の肩の可動域が受傷していない側の可動域の4分の3
   以下に制限されているもの。

  • 神経症状(痛み、しびれなどの症状)

     後遺症(後遺障害)12級13号

     後遺症(後遺障害)14級9号

   肩関節機能障害に加えて神経症状が残った場合については、当法律
 事務所の無料相談にてご説明いたします。

 

金田総合法律事務所弁護士がご依頼を受けた事例を一部ご紹介します。

 骨折、脱臼

 以下クリックしてごらんください。

  ・上腕骨大結節骨折後の肩関節機能障害12級 合計1404万円の支
      を受けた事例

  ・肩鎖関節脱臼 鎖骨変形 肩関節機能障害で最終的に併合11級が認
  されたケース

  ・上腕骨近位端骨折肩関節機能障害、頬骨骨折併合10級認定事例

  ・鎖骨遠位端骨折 肩関節機能後遺障害10級が認定されたケース

  ・上肢関節機能障害で後遺障害10級が認定され、損害額が880万円から
  2730万円にアップした事例

  ・肩鎖関節脱臼(鎖骨変形障害、肩関節機能障害)後遺症等級(後遺障害)
  併合11級 弁護士加入後損害賠償金など1438万円の支払い
を受けた
  ケース

  ・複視、鎖骨変形で後遺障害併合9級が認定され、合計2256万円の支払
  を受けた事例

  ・上腕骨近位端骨折、頬骨骨折で後遺症併合10級が認定され、弁護士加入後
  1679万円の支払を受けたケース

  ・鎖骨遠位端骨折 肩後遺症10級10号 弁護士受任後1561万円の支払
  を受けたケース(弁護士費用特約なし)

 

 肩腱板断裂・損傷

  クリックしてごらんください。

  ・肩腱板断裂に伴う肩関節機能障害(12級6号)が認定され、1120万円
  の支払いを受けることで解決した事例

 

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます