交通事故とドライブレコーダー

 
 仕事で交通事故事件を取り扱っていますと、交通事故の当事者間で、事故状
況、事故態様、過失割合などが争いになるケースはどうしても出てきます。

 最近、ドライブレコーダーを搭載している車両がかなりふえている印象を受
けます。後付けで購入する場合でも、価格は以前に比べて安くなっているよう
です。
 このドライブレコーダーの影像は、事故態様や過失割合の解決に役に立つの
でしょうか。

  一例をあげますと、

     一時停止すべき場所で一時停止をしたかどうか
   進路変更をする際に合図をしたのかどうか
   (たとえば右折時などに)合図のタイミングがどうだったか
   信号の色
   急ブレーキをかけたかどうか
   道路の周りの状況

  などについて、ドライブレコーダーで録画された影像によっては、
それが有力な資料になり得る場合があると考えられます。

 
 また、搭載されているドライブレコーダーに速度が記載されている場合もあ
り、それが争点の解決に役に立つということも考えられます。
 さらに、たとえば、信号の色がドライブレコーダーの影像に直接映っていな
くても、録画された影像によっては、影像に映っている他の車の動きなどから
信号の色や色の変化の時点を推測できるというケースも考えられるでしょう。

  ただし、カメラの性能、ドライブレコーダーを取り付けた場所等により影像
が正確に映っていない可能性も考えられたり、具体的ケースによって鵜呑みに
できなかったり、注意すべき点はあり得ます。

  もっとも、交通事故の状況を把握するためにドライブレコーダーの影像を確
認し、検討すること自体は重要です。ドライブレコーダーの影像が事故態様や
過失割合にどれだけ影響するかについては、非常に難しい問題ですので、交通事
故事件をたくさん取り扱っている弁護士に相談されることをおすすめいたします。

 

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます