自動車同士の交通事故で受傷された被害者の方へ(京都の弁護士から伝えたいこと)


 こちらが四輪自動車に乗り、相手方も四輪自動車に乗っていた際の交通事故
のケースとして代表的なものは、こちらの四輪自動車が赤信号や渋滞で停車中
に後方から追突された
という事故態様です。

 自分の自動車を停車させていた際に、後方から自動車に追突されたケースで
受傷する代表的なけがとして、むちうち(頚椎捻挫)や腰椎捻挫があります(当
法律事務所が取り扱ったケースでは、頚髄損傷を受傷されたケースもあります)。

 自動車停車中に後方から追突されたケースに限ったことではありませんが、
もし、事故の衝撃がどのようなものだったのかを、事故後早いうちにきちんと
把握し、自分の車の損傷状況などを写真で保存しておいたりする等のことが重
要になります。交通事故により受傷し、症状が残った場合、そのような症状が
残るほどの事故であったのかが問題になることがあるからです。

 そして、どのような衝撃で、体のどの部分にどのような症状がでたのかという
ことも初診の段階できちんと主治医の先生に伝えられるようにしておくことが必
要です。もちろん、交通事故で受傷した場合にはすぐに病院に行くことが大事です。

 自動車を停車中後方から追突され、くびが痛くなったほか、腕や手がしびれる
場合、後方からの衝撃でくびを痛めたと考え得ることはもちろん、腕や手のしび
れについては頚椎捻挫の症状から来ている可能性があります。ですでの、腕や手
のしびれは追突交通事故とは関係がないと早合点しないで、すぐに病院や医院に
行き、医師の先生に自覚症状を全て伝えることが大事です。

 さらにくわしいことは、当法律事務所の無料相談にてご説明いたします。

 

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます