弁護士費用特約を利用して交通事故人身事件を弁護士に依頼すると、弁護士はどのような活動を行うのか?


 当法律事務所弁護士は、これまで数多くの交通事故相談やご依頼をお受けし
ておりますが、その中でも弁護士に相談することや依頼することが初めてとい
う方が圧倒的に多いです。
 ということは、交通事故被害者は、弁護士費用特約があっても、実際に弁
士費用特約で弁護士が何をどのように動くのかがよくわからない
方が多いと思
います。この点については、弁護士がご依頼前にきちんと説明する必要がある
と思っております。

  以下は、弁護士費用特約がついていても、いなくても、変わるものではあり
ませんが、交通事故人身損害賠償事件での弁護士の活動を少しでもご理解いた
だけたらという思いを持って述べます。

 

 弁護士が被害者の方からご依頼を受けると、相手方(通常は任意
保険会社)との一切の交渉を弁護士が代理して行います。

 
 ですので、弁護士に依頼された被害者の方は、相手方(任意保険会社)と直接
話をする必要がなくなりますし、交通事故事件の処理は弁護士と相談し、弁護士
から報告を受けて交通事故事件が進行することになります。
 書類のやりとりも、弁護士から相手方(任意保険会社)に送り、また、相手方
(任意保険会社)からは弁護士宛に送られてくることになります。

 

  • 上記以外に、金田総合法律事務所では、以下のことを行います。

 ご依頼をお受けして案件が進行したり、相手方から連絡があった場合
には、迅速にご依頼者の方に報告いたします。

  報告のご連絡は、弁護士からご依頼者にいたします。

  •  治療中から、治療のこと全般について弁護士と相談させていただき、
    弁護士からアドバイスを行ったりします。

  被害者の方には、まずは、治癒をめざして治療にがんばっていただくこと
 になりますが、受傷内容・程度によってはどうしても後遺症(後遺障害)
 が残る可能性があるケースもあります。そのような場合には、たとえば、
 通院状況、必要な検査が実施されているかなど、適正な後遺障害等級認定
 を目指したアドバイスを弁護士が行ったりします。

  そのほか、金田総合法律事務所では、以下のことができます。

   ・必要に応じ、通院先の病院・医院に弁護士が同行します。 
   ・むちうち(頸椎捻挫)や腰椎捻挫でMRI画像をお持ちであればMR
    画像を確認して見通しをたてていきます。
    
(弁護士受任後にMRI検査が実施されたら、MRI画像のCD-R
     ご入手いただき、弁護士がお預かりして確認させていただくこと
も多
     数行っております。)

 必要に応じて、通院交通費の中途請求や休業損害の交渉などを弁護士
が行います。

 症状固定時期になれば、後遺症(後遺障害)等級認定に向けたアドバ
イス、後遺障害等級認定申請の代理を行います。

  適切な後遺障害診断書が作成されるための弁護活動を行いますし後遺障害
  等級認定申請では、弁護士が代理して被害者請求(相手自賠責保険会社を窓
  口にした請求のことです。)で行います。

  • 相手(任意保険会社)に対する最終の損害賠償請求

  示談交渉はもちろん弁護士が代理して交渉を行います。
  また示談での合意が難しい場合には、(ご依頼者のご意向も踏まえたうえで)
 裁判提起などを行います。

 このように、当法律事務所は、最後の示談・損害賠償の交渉を行うだけでなく、
交通事故直後からいろいろなきめ細かい活動を行い、ご依頼者の方にご安心、ご
納得いただける、より質の高い弁護活動を目指していきます。

 

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます