女性・家事従事者(主婦)の休業損害事例(交通事故紛争処理センター利用)

 
 以下は、当法律事務所が実際にご依頼をお受けした事例で、交通事故紛争処
理センターを利用することにより解決に至った家事従事者(主婦)の休業損害
に関する事例をご紹介いたします。

  渋滞中に自分の自動車を停車させていたところ、後方から追突を受けた被害
者の女性(30代家事従事者:主婦)は、この追突交通事故により、頚部痛や
腰部痛などを発症し、通院治療を継続しました。

  通院日数は約120日、通院期間は6ヶ月というケースでした。

 この件で家事従事者(主婦)の休業損害額が争いとなり、示談交渉でも平行
線となり、交通事故紛争処理センターを利用することになりました。
 その結果、休業損害は87万円(千円以下省略)として解決できました。

 

  • 家事従事者(主婦)の休業損害の考慮するうえでのポイント

 
 ・被害者の症状やその程度がどのようなものか(入通院治療状況・経過、
  検査上の異常所見、投薬状況などにも着目する必要があるといえます)
 ・被害者の症状やその程度によりどんな家事(炊事、掃除、洗濯、買物
  など)にどの程度支障が生じているのかを具体的に主張していくこと
   (※ 交通事故前の家事従事状況も把握しておく必要があります)
 ・家族構成
 ・被害者の年齢

 
 などがポイントとして考えられます。
 それぞれのケースにより事情が変わってくると思います。

 家事従事者(主婦)の休業損害でお悩み、ご不明な点があれば、お早めに
交通事故人身損害事件を数多く取り扱っている弁護士の無料相談を受けられ
ることをおすすめいたします。ぜひ、当法律事務所に相談ください。

 
 本件被害者は、夫と2人の幼児のために家事に従事していたという事情が
あり、通院状況や家事労働への支障などを具体的に主張していき、上記解決
に至りました。


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます