後遺症(後遺障害)認定等級と自賠責保険の金額(交通事故による受傷)

 
 相手が加入する自賠責保険会社に後遺症(後遺障害)認定の申し立てをした
ケースを前提にします。

 後遺症(後遺障害)認定の結果が返ってきて、等級が認定された場合、自賠責
保険から後遺症(後遺障害)の保険金が支払われることになりますが、その限度
額は以下のとおりです。


  第1級  3000万円~4000万円
  第2級  2590万円
  第3級  2219万円
  第4級  1889万円
  第5級  1574万円
  第6級  1296万円
  第7級  1051万円
  第8級   819万円
  第9級   616万円
  第10級  461万円
  第11級  331万円
  第12級  224万円
  第13級  139万円
  第14級   75万円

 
  ※ 上記金額は、被害者に重大な過失がある場合に減額されたり、既に後
   遺症(後遺障害)のある者がさらに同一部位の後遺症(後遺障害)の程
   度を加重した場合に既存の等級に応じる保険金額を控除されたり、労災
   保険の障害給付でも等級が認定された場合に支給調整されたり等の事情
   で変わってくる可能性があります。

    上記は自賠責保険から支払われる金額を述べたのみです。

    
  後遺症(後遺障害)で等級が認定された場合、

   ・後遺症(後遺障害)逸失利益
   ・後遺症(後遺障害)慰謝料
      (将来介護費用の問題はここでは省略します。)

  という損害費目が裁判基準にしたがうとどれくらい金額になり得るのか、見通
 しを立てていき、上記の自賠責保険金を超える場合、超えた部分については相手方
(任意保険会社)に請求していくことになります。

  受けた被害にみあった賠償を受けることは、交通事故損害賠償で最も大事なこ
 とです。まずは、どれくらいの金額の見通しになるのか、当法律事務所弁護士の
 無料相談をご利用ください。

 

 

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます