学生の休業損害について

 
 学生や生徒の方が交通事故の被害にあい、けがをし、治療しなければならなく
なった場合、休業損害は問題になるのでしょうか。

(原則論)就労前の立場にある方になります

 
 学生や生徒の方は、基本的には就労前の立場にある方ということになるでしょう
から、原則として休業損害は発生しないことになります。

 

アルバイトをしている方は…

 
 しかし、たとえば、当事務所所在地の京都市にはたくさんの大学がありますが、
大学生でアルバイトをしている方はたくさんおられます。
 もし、交通事故で受傷してアルバイトを休まなければならず、そのため収入を
失った場合には、休業損害が認められます。
 この場合、現実のアルバイトの収入に基づいて休業損害を考えていくことになる
と思われます。休業日数についても難しい問題があります。

 

  • 交通事故でけがをして就労が遅れた場合は…

 
 交通事故で受傷したために、学校の卒業が遅れたり、就職時期が遅れた場合には、
損害が認められます。詳細は当事務所にご相談ください。

 

学生、生徒の方に注意してほしいこと


 後遺障害等級が認定された場合には逸失利益が問題になります!

  これは、厳密には休業損害とは別の損害費目の問題になりますが、交通事故で
けがをして後遺障害等級が認定された場合には、後遺障害逸失利益という損害費目
が問題になります。
 重度後遺障害が残った場合には、損害金額が非常に大きくなることもありますが、
適正妥当な金額がだいたいどのくらいなのかを知ることは非常に難しいことであり、
弁護士の相談を受ける必要がある問題といえます。

 お悩みの方はぜひ当事務所にご相談ください。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます