交通事故と通院交通費

通院交通費

 
 交通事故でけがをした場合、病院や医院への通院が必要になりますが、通院の
際の交通費も基本的には実費相当額が損害賠償の対象になります。

 通院といいましたが、もちろん、入院や退院の際に要した交通費も損害として
認められます。

  バスや電車などの公共交通機関はその実費になります。
  自家用車を利用した場合には、通常、1キロメートルあたり15円として計算した
ガソリン代が損害の対象になります。駐車料金なども必要に応じて損害として認め
られるでしょう。

  タクシー代については、受傷部位、受傷の内容・程度、交通の便などを考慮して
相当性があるといえるかどうかが問題になります。

  交通事故でけがをして通常認め得るのは被害者ご本人の通院交通費です。
 家族などの近親者が被害者の入院先や通院に交通費を要したとしても、原則、
通院交通費としてではなく、付添看護費などの費目で問題となります。
 しかし、近親者の方が遠隔地にお住まいのような場合で、被害者の付き添いや
お見舞いが必要であり、社会通念上相当であるという場合、別途認められます。

  交通事故の被害にあいケガをした場合、全損害額に占める通院交通費の割合は
ごくわずかであるというケースがほとんどであり、通院交通費自体が大きな争点に
なることは少ないといえますが、それでも細かな点でご相談を受けることがあります。
 そして、これらの相談は事故から比較的早期の段階であるといえます。
 通院交通費に関してもご不明な点があれば、お早めに当法律事務所にご相談ください。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます