通院交通費の請求時期

 
 交通事故の被害にあい、ケガをし、通院治療をしなければならなくなった場合、
実費相当額の通院交通費が損害となることは(もちろん入院のときの入院時と退
院時の交通費も問題になりますが)、

  交通事故と通院交通費(クリックしてごらんください)

  のところで申し上げました。

 では、交通費の通院交通費が損害として認められるとして、その通院交通費を
いつ請求することになるのでしょうか。

 

 通院交通費の請求時期

 
 相談に来られた被害者の方から、

     通院交通費は最終示談のときに請求するのですか?
   途中で請求してもいいのですか?
   途中で請求して支払いを受けたら慰謝料などはもう請求できなくなるのですか?

  というご質問をいただくことがときどきがあります。

  結論としては、

    1ヶ月ごとに通院交通費を請求して精算を受けるケースもありますし、
  2~3ヶ月分の通院交通費をまとめて請求して精算を受けるケースもありますし、
  最終の示談交渉の際に初診の分からを請求するケースもあります。

  加害者が加入している任意保険会社も、通常、最終示談の話の前に通院交通費
を請求すれば精算に応じるケースが多いでしょう。
 最終損害賠償(示談)の話の前に通院交通費の精算を受けても、特に示談書に
署名捺印をした等のような事情がなければ、他の認められるべき損害がそれ以上
請求できないということにはなりません。

 

  • 保険会社に対する通院交通費の請求方法

 
 相手方任意保険会社から通院交通費明細書という書式を送ってもらい、その通院
交通費明細書に必要事項の記入のうえ、相手方任意保険会社に送ることになります。
 通院治療が長くなるような場合などでは、用紙が1枚で足りない場合に備えて、
あらかじめ通院交通費明細書はコピーをとっておいた方がよいでしょう。

  通院交通費全般について、ご不明な点があれば、当法律事務所にご相談ください。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます