交通事故高次脳機能障害事案の弁護士との病院同行


  交通事故にあい、被害者の方が、脳挫傷、外傷性くも膜下出血、びまん性軸索
  損傷などを受傷した事案では、高次脳機能障害が問題となる可能性がありますが、
  この高次脳機能障害が見落とされる可能性があります。

   くわしくは以下をクリックしてごらんください。

   交通事故・高次脳機能障害事案に弁護士がなぜ関与する必要があるのか

 
   高次脳機能障害が見落とされないために、少しでもできることといえば、被害者
  自身の異変や事故前
と比べた日常の様子の変化を主治医の先生に伝えておくことが
  考えられます
が(被害者のご家族の協力も必要になるといえます)、これについて
  は交通事故・高次脳機能障害のことをよく知っている弁護士による関与が必要であ
  ると考えております。

  被害者の意識障害、CTやMRIなどの画像上の所見がどうなのか等については
  高次脳機能障害の問題の中でも重要なことなのですが、高度に医学的専門的なことで
  あるゆえ、被害者又はそのご家族が把握理解するのは非常に困難なことと言える一方、
  主治医の先生ときちんとお話をしておく必要があるいえます。
   そうすると、これらの点についても、やはり、交通事故・高次脳機能障害のことを
  よく知っている弁護士による関与が必要であると考えております。

   このように、交通事故高次脳機能障害が問題となるケースでは、これをよく知って
  いる弁護士による関与が必要であるといえますが、治療を続けリハビリに努力されて
  も最終的に後遺症(後遺障害)が残る可能性があります。

    そのような場合には、受けた損害に相当する賠償を受ける必要があるところ、その
  ためには、実際に、被害者の方(そのご家族の方)と、ご依頼を受けた弁護士が病院に
  同行して活動することが必要であるといえます。

   当事務所では、脳挫傷など高次脳機能障害が問題となり得る交通事故被害者の方から
  ご依頼を受けた場合には、実際に病院同行を実施しております。
   交通事故被害者の方のご家族の方でも一度当事務所にお問い合わせいただければと
  思います。


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます