当事務所取扱事例・裁判で歩行者の過失がゼロと指摘されたケース(対四輪車)

 事案

 
 交通事故発生現場…道幅はそれほど広くない十字路でした。
          いずれの通りも自動車一方通行で、信号はありませんでした。

   事故現場を北から南に進む歩行者に、西から東に進行する四輪車が衝突した
 という事故でした(細かい点については控えます。)。
  当事務所は、歩行者の方からご依頼を受けました。  

 

訴訟(裁判)提起

 
 この事案では、実況見分調書に記載されている衝突部分が問題となる等で双方の
争いが激しくなりました。

  その後、当方(歩行者)から訴訟(裁判)提起することになりました。
 裁判でも当事者本人の尋問まで行われた後、裁判所から和解案が示されました。
 裁判所の和解案では、四輪車側に一時停止義務違反があったことや、歩行者の存在
に気づいておらずかつブレーキを踏まなかったこと、さらに、本件事故現場が住宅街・
商店街等にあたる点などが考慮され、結局、歩行者側の過失はゼロという指摘がなさ
れました。
 結局、和解で裁判が終了しました。

 

 過失割合

 
 交通事故の損害賠償で過失割合を検討する場合、裁判実務でも参考にされている資料
に基づいて検討していくことになります。
 この資料に記載されている事故態様の事案では、通常、その記載を見て基本の過失割
合が何対何であるかを確認し、そこからどれだけ増減の修正要素があるかどうかを検討
していき、過失割合の見とおしをたてていくことになると思われます。
 この過失割合の検討は、専門的な観察と判断を要するものであるといっても過言では
なく、交通事故事件を数多く取り扱っている弁護士による処理が求められるといえます。

  交通事故の被害にあい、過失割合に疑問のある方は、当事務所にご相談ください。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます