四輪車同士の事故と過失相殺(道路外から道路へ右折進入するケース)

  •  四輪車が道路外から道路へ右折して進入するケースの過失割合

 
 道路外とは、たとえば道路沿いにあるコンビニエンスストアの駐車場のよ
うなところを想像していただければと思います。このようなコンビニエンス
ストアの駐車場から道路に進入しようとして右折する四輪自動車と、道路を
直進していた四輪自動車とが衝突したというような交通事故の過失割合につ
いてのお話です。

  この場合の過失割合は、道路外から道路に出ようとした四輪自動車80%、
道路を直進していた四輪自動車20%を基本として、そこからその過失割合を
修正していく事情があるのかどうかを検討していくことになります。

 

  • 当法律事務所が裁判で経験したケース

 
 当法律事務所弁護士が、裁判(訴訟)提起したケースがあるのですが、これ
は、こちらは道路を直進していた四輪自動車、相手方は道路外から道路へ右折
進入しようとしていた四輪自動車というケースでした。
 こちらの四輪自動車は相手方四輪自動車から見て右から左に進行していると
いう状況でした。

 このケースでは、こちらの直進していた四輪自動車の左側後部に衝突された
ので、この点を含めた主張をしていきました。

 その後、裁判所から、上で述べた、こちらの四輪自動車の左側後部に衝突さ
れた事実と、相手方四輪自動車が道路外から右折発進する直前に右方を確認し
ていなかったことを指摘して、こちらの道路直進四輪自動車の過失を10%、
相手方四輪自動車の過失を90%とする和解案が出されました。 

 交通事故の被害者案件を取り扱う弁護士としては、基本的な考え方がこうであ
るとしても、そのとおりにすすめる前に、そこから被害者側の過失割合を減らす
事情があるのかどうかをしっかり確認するべきということを強く伝えたいのです。


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます