お互いに動いていたら、被害者の過失はゼロにならないのか

 
 当法律事務所弁護士が交通事故無料相談をお受けしている際に、しばしば
相談に来られた方が口にされることがあります。
 それは、

 相手方からお互い動いている者同士なので、そちら(被害者側)の過失
ゼロにならないと言われた

  という趣旨のことです。これは本当にそうなのでしょうか。

   結論としては、お互い動いている者同士でも、被害者側の過失がゼロになる
ケースはあり得るということになります。

 

  • 当法律事務所が取り扱ったケース

 
 1、道路を被害者乗車自転車が直進していた際、対向車線から四輪車がセン
  ターラインをオーバーしてきて被害者の自転車に衝突したケース

   →このケースはもちろん自転車は動いています。しかし、基本の過失
   割合は自転車の方をゼロとして考えていきます(もちろん修正要素が
   あるケースも考えられますが)。

 
  2、信号のある交差点で被害者の四輪車は青信号で直進していたところ、被害
  者四輪車の右から相手方四輪車が赤信号で直進してきて被害者四輪車に衝突
  したケース

   →このケースでもお互いの四輪車は動いている者同士です。しかし、この
   場合、基本の過失割合は青信号で直進した被害者四輪車をゼロとして考え
   ていきます(もちろん修正要素があるケースも考えられますが)。

 
  3、以下をクリックしてごらんださい。

      過失割合に関し当事務所が取り扱った事例1

    →このケースでは動いている者同士でしたが、裁判で当方の過失ゼロと判
    断されたものです。自動車保険ジャーナルにも掲載されました。

 
 もし、相手方から、お互い動いている者同士なので、そちら(被害者側)の過失
はゼロにならないと言われたとしても、本当にその言い分が正しいのかどうか、き
ちんと検討することが必要ですし、安易に妥協するべきではありません。 当法律事
務所弁護士は、相談に来られた方がこのような趣旨のことをおっしゃった場合、交
通事故の発生状況をきちんと聞きとり、過失割合の指針となる資料を確認したうえ
で、おおまかな見通しを考えていきます。ただし、細かい点を考えていくには刑事
記録等の資料を検討していく必要がありますので、すぐに見通しが固まるというわ
けではありません。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます