医師のもとへの通院

金田総合法律事務所弁護士は、これまでたくさんの交通事故後遺障害等級案件のご依頼をお受けしてきました。京都でもたくさんの被害者が、それぞれいろいろな病院・医院(クリニック)に入院・通院されている状況を把握してきました。


症状に見合った適切な後遺障害等級が認定されるためには、病院・医院の医師の先生の指示のもと、通院をすることが重要であるということです。

後遺障害として等級が認定されると、自賠責保険金が支払われます

後遺障害等級認定判断は、医学的な判断の問題です。

強制保険である自賠責保険から支払いをするというには、医師免許のある先生方の医学的判断に基づく必要がある

(もちろん、後遺障害診断書の交付権限があるのは診察する医師の先生です。)

そうすると、病院・医院(クリニック)で医師の先生の指示のもと通院を継続する必要がある

ということであると考えております。

交通事故で受傷した被害者の方は、治癒を目標に通院することになります。
むちうち、腰椎捻挫であれば、整形外科に通院し、医師の先生の指示のもと理学療法(リハビリ)、投薬を受けるということが大事になってきます。

・通院期間、頻度、状況

※通院間隔が空いている場合、通院日数が少ない場合などでは、実際にある痛みやしびれを主治医の先生にわかってもらえない可能性があったり、後遺障害等級認定の判断の際にもわかってもらえない可能性があります。

・投薬状況・内容

などは、後遺障害等級認定の際の重要な要素の一つになります。
ご不明な点は、当法律事務所に相談ください。

金田総合法律事務所弁護士ができること

必要に応じて病院・医院(クリニック)同行を実施しております。
交通事故受傷被害者の不安が少しでも軽減できればという思いで弁護士活動を行っていきます。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます