神経学的検査とは

神経学的検査を実施する必要性

交通事故で受傷し、むちうち(頚椎捻挫)、腰椎捻挫となってあらわれる症状は、痛みやしびれなどの神経症状です。

この症状は、第三者が被害者本人を観察してもわからないことが多いといえます。

このような交通事故による痛みやしびれなどが続いている場合、この人の痛みしびれの訴えが説明できる、証明できるというためには、病院や医院で検査を行ってもらい、異常を確認していく
ことが必要になります。

その重要事項の一つに、MRI検査がありますが、そのほかに、神経学的検査というものがあり、この異常所見も重要になってきます。

神経学的検査の例

以下、代表的なものをあげます。
ただし、あくまでもこれらの検査は、医師の先生のご判断において実施していただく必要があります。

頚部関係

深部腱反射検査(上腕二頭筋、上腕三頭筋、腕橈骨筋)

ジャクソンテスト

スパーリングテスト

上腕と前腕周径の計測(筋萎縮検査)

腰部関係

深部腱反射検査(膝蓋腱(しつがいけん)、アキレス腱)

ラセーグテスト

SLRテストテスト

大腿と下腿の周径の計測(筋萎縮検査)

これらの検査は、受傷後早い段階で実施してもらい、その後も実施いただく方がよいかと思います。
症状が一貫して続いていることを裏付けられる可能性があるからです。

また、症状によっては、医師の先生の指示のもとで

神経伝導速度検査

針筋電図検査

といった検査が実施されることもあります。

上記以外にも検査はあります。
詳細は、具体的なケースを前提に当法律事務所に相談ください。


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます