交通事故証明書に被害者の名前がないケース

 
 交通事故にあい、ケガをしたにもかかわらず、交通事故証明書に被害者の名前
がないということってあるのでしょうか。

  たとえば、このようなケースが考えられます。
 被害者が四輪車に(運転者ではなく)同乗していて、その四輪車と別の車が衝
突事故にあい、だれも人身届を出さずに物件事故扱いになっているというケース
が考えられます。
 もちろん、同乗者である被害者が警察に診断書を提出して人身の届け出をし、
手続が進められ、入手する交通事故証明書は人身事故扱いになっているので、
被害者は交通事故証明書に名前が記載されることになります。

  しかし、上記のように人身届を出していないケースの交通事故証明書に、同乗
者の名前の記載がないというケースが実際にあります。

 
 交通事故証明書は、交通事故が発生した事実を証明するものです。
 交通事故でケガをしたにもかかわらず、交通事故証明書に被害者として名前の記
載がなければ、立証で困る可能性があります。

  被害者に明らかに過失がないといえるケースでは、事故の相手当事者の任意保険
会社が医療機関に治療費をスムーズに支払うケースも多いといえますので、それほど
困る問題は出てこないかもしれません。
 しかし、人身事故の場合、加害者が不起訴でも少なくとも実況見分調書(現場の見
分状況書)の閲覧謄写が可能になりますが、物件事故の場合はより簡単な資料しか入
手できず、かつ、取り寄せ手続も大変面倒です。

  交通事故の被害にあい、ケガをした場合、人身の届け出という問題は重要であるこ
とに十分ご注意ください。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます