むちうち等級12級13号が認定されたケースとその後遺障害診断書の記載

  • 交通事故・受傷

 
 自家用車を赤信号で停車させていたところ、大型ダンプカーに後方から追突
される交通事故にあわれた60代男性の方が被害者でした。

 傷病名は頚椎捻挫(むちうち)でした(その他の傷病名は省略いたします。)

 

  • 被害者の自覚症状 

 
 強い頚部の痛み、一方のひじ・てのひら・指先の強いしびれと知覚鈍麻、
ふらつきが主な症状でした。

 

  • 頸椎のMRI検査

 
 事故から約3ヶ月経過後、MRI検査が実施されていました。

 

  • 当事務所弁護士による無料相談・受任

 
 症状固定時期直前に当事務所の無料相談に来られ、当事務所弁護士がご依頼
を受けることになりました。

 

  • 後遺症等級認定に向けた当事務所弁護士による検討

 
 受任後に頚椎MRI画像を確認しましたところ、ある一部位の頚椎椎間板に、
弁護士が見ても明らかにわかるヘルニアがありました。これを被害者の方に
説明すると、この点は主治医の先生も同様の指摘をされていたとのことでした。

  このヘルニア以外に、当事務所弁護士は、MRI画像上、この部位には気に
なる点がありました。もしかしたら、頚髄に損傷(脊髄損傷)があるのではないか
というようなところが見えました。
 しかし、主治医の先生によると、頚髄損傷(脊髄損傷)とまでは言い切れない
ということで、頚髄損傷の判断はされていませんでした。

  もっとも、当事務所弁護士は、MRI画像を見て(もちろん、画像と矛盾しな
い自覚症状があることが前提ですが、)、神経症状で後遺症等級14級を超える
等級、つまり後遺症12級13号が認定される可能性があるかもしれないと考え、
これを意識して後遺症等級認定申請の準備をしました。

  主治医の先生には、後遺症(後遺障害)診断書以外にも書類を作成していただ
きました。当事務所弁護士もいくつか資料を整えました。

  そして、当事務所弁護士が被害者請求で後遺症等級認定申請をしました。

 

後遺症等級認定結果 … 併合12級

 
 頚椎捻挫後の頚部痛や一方のひじ・てのひら・指先のしびれや知覚鈍麻、
ふらつきなどといった症状について、画像上、椎間板の膨隆による脊髄や
神経根の圧迫が認められ、局部に頑固な神経症状を残すものとして、
後遺症12級13号が認定されました。
 その他にも神経症状14級9号が認定された部位がありましたので、
併合12級となりました。

 

  • 後遺障害診断書の記載

 
 もちろん、掲載には被害者の方のご承諾をいただきました。 

自覚症状の欄  頚部痛、一方のひじ、手掌、指先のしびれ感と知覚が鈍い、
 ふらつき(その他にも記載はありましたが省略いたします。)
他覚症状および
検査結果などの欄

頚椎各方向軽度制限と運動痛
ジャクソンテスト、スパーリングテストははっきりしない
上肢筋萎縮は認めず
腱反射:上腕三頭筋で自覚症状のある側はやや亢進、
    他方は亢進
    上腕二頭筋、腕橈骨筋は正常
 一方のひじから先の知覚鈍麻(5/10程度)
Wartenberg(しびれ知覚鈍麻のない方が±、ある方は陰性)
(その他の神経学的異常所見は省略いたします。)

MRI所見 頚椎のある一部分の椎間板に大きなヘルニアが
      あり、脊髄圧迫がある旨の所見がありました。
     (その他のMRI所見は省略いたします。)

障害内容の憎悪・緩急の見通しに関する欄

症状が今後長期にわたり残存する旨の記載がありました。

 ※ 頚椎運動障害の欄にも可動域の記載がありました。

 

  • 弁護士からひとこと

 
 むちうちで神経症状後遺症等級12級が認定されるには、後遺障害診断書の記載
が重要であることはもちろんですが、それだけで決まるものとはいえず、MRI
画像所見も極めて
重要になります。また、神経学的所見にもどのような異常がある
かも重要になって
きます。

  交通事故でむちうちや腰椎捻挫を受傷してお悩みの方は、ぜひ当事務所にご相談
ください。

 

12級の最新記事

四輪自動車の最新記事

自営業の最新記事

解決事例の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます