後遺障害等級14級9号 損害賠償金として合計335万円の支払をうけたケース


 自動車に乗車され、交通事故にあい、頸椎捻挫(むちうち)等を受傷された方
のケースでした。後遺障害等級14級9号が認定されるまでの経緯は、以下を
クリックしてごらんください。

 むちうち 異議申立成功実績(後遺症14級9号が認定された事例)

 

  • 損害賠償の交渉(示談交渉)

 
 異議申立てにより後遺障害等級14級が認定された後、当事務所弁護士が示談
交渉を代理して行いました。
 しかし、双方の金額的主張に少し隔たりがありましたので、被害者の方のご意向
をお聞きし、交通事故紛争処理センターを利用することになりました。

 

  • 交通事故紛争処理センターでは…

 
 最終損害賠償金260万円(それまでの治療費、休業損害は支払いずみでした。)
の支払を受ける合意ができました。
 もともと争点が少なかった事案でもあったことから、第1回目の期日で終了しま
した。

 

  • 後遺障害等級認定の大切さ  ~損害賠償金に影響します!~

 
 後遺障害等級の異議申立が認められ14級が認定されたことにより、75万円
支払がありましたので、被害者の方は、弁護士加入後、335万円の支払を受けることが
できました。

 
   この事案は、交通事故紛争処理センターで、
   後遺障害逸失利益は喪失期間5年として117万円(1万円未満省略)で、
   後遺障害慰謝料は110万円で、
  解決することができました。

 
  もし、被害者の方が異議申立てをあきらめていたり、
  当事務所弁護士が関与していなかったとしたら、
  現在でもまだ事故後の症状が残っているにもかかわらず、
  上記合計227万円を失っていた可能性が高かったといえる事案でした。

 
  後遺障害等級が認定されるかどうかで、損害賠償額が大きく変わり得るものである
 ことがおわかりいただけるものと思います。

14級の最新記事

会社員の最新記事

四輪自動車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます