40代主婦 脛骨高原骨折 膝関節機能障害12級7号が認定されたケース


 被害者:40代女性主婦
 被害者が乗車していた二輪車と四輪車が衝突した事故でした。
 被害者は転倒し、脛骨高原骨折(脛骨プラトー骨折、脛骨近位端骨折ともいい
ます。)などを受傷したというケースでした。

 

当事務所へのご来所(無料相談) 

 
 被害者の方は、治療費の打ち切りを告げられたということで、当事務所の無料
相談に来られました。

  その後、当事務所弁護士がご依頼をお受けすることになり、後遺障害の等級認
定申請の方向で検討することになりました。

  脛骨高原骨折とは、膝に影響が出る傷病です。
 当事務所弁護士は、まず、被害者の方の膝の症状を中心にくわしくお聞きしました。
被害者の方は、受傷した膝の、痛み、感覚異常、可動域制限などがあることがわかり
ました。
 そのうえで、医学的所見のことを把握する必要がありましたので、被害者の方と
病院に同行して主治医の先生にお話をおうかがいしました。
 その後、後遺障害診断書を作成いただきました。

 

 後遺症(後遺障害)等級認定申請・認定結果

 
 当事務所弁護士が代理して被害者請求による申請をしました。

  認定結果… 後遺症(後遺障害)12級7号

   脛骨高原骨折を受傷した膝の関節可動域が、健側の3/4以下に制限されて
 いることから、膝関節機能障害として後遺症(後遺障害)12級7号が認定され
 ました。

 

  ひとこと

 
 このケースは、主治医の先生が、受傷した膝の骨折状態、治療状況、膝の骨折
部位の症状固定時の状態に関する画像所見などを詳細に後遺障害診断書に記載さ
れていました。
 これらは、受傷した膝の可動域制限を説明するのに重要なことだと思います。

 

12級の最新記事

下肢(股関節、膝、足首、足指)の最新記事

主婦の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます