交通事故 脛骨高原骨折 後遺症12級7号 弁護士加入後924万円の支払いを受けたケース

 
 40代主婦の方が被害者でした。
 くわしくは、以下をクリックしてごらんください。

 40代主婦 脛骨高原骨折 膝関節機能障害12級7号が認定されたケース

  当事務所弁護士がご依頼を受け、後遺症(後遺障害)等級認定申請を行い、骨折(脛骨高原骨折)部分のひざの関節機能障害で12級7号が認定されました。

 

  • 示談交渉

 
 その後の示談交渉も当事務所が代理をしました。
 その結果、最終700万円の損害賠償金の支払いを受けました。
 12級認定による自賠責からの支払金を含め、弁護士加入後924万円の支払いをうけたことになります(当事務所弁護士受任前に、被害者の方は自賠責保険の傷害部分の支払い、相手任意保険会社から休業損害・交通費の支払いを受けておられました。上記金額は、これらの既払金や既払治療費を除いた金額です。)。
 被害者の方にも少々の過失が見込まれる事案でもありました。

 

  • ひとこと

 
 主婦であることから、家事従事者の休業損害についても問題になる事案でした。

  被害者の方は自賠責保険しか加入されておらず、弁護士費用特約がない事案でしたが、当事務所弁護士にご依頼いただき、解決に至ったケースです。
 当事務所は、被害者の方の症状や医学的所見などを、被害者の方との病院への同行をふまえて確認し、適正な後遺症(後遺障害)等級認定と損害賠償額を求めて弁護活動に行いました。

  交通事故で骨折を受傷されたケースは、細かな分析が必要になるものです。
 当事務所にご相談いただければ幸いです。

 

12級の最新記事

下肢(股関節、膝、足首、足指)の最新記事

主婦の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます