むちうち・腰椎捻挫14級 示談交渉から弁護士が代理して約1ヶ月で損害賠償額が2.2倍アップして解決したケース


 ※ 以下の金額は、1万円未満は省略しております。

  被害者:50代男性(会社員)
      バイクに乗車中、四輪車に衝突された事故でした。

  • 経過

 
 肋骨骨折の受傷もあったことから入院となり、退院後もリハビリ通院を
されました。
 後遺障害等級認定では、頚部関係及び腰部につきそれぞれ14級9号(局
部に神経症状を残すもの)が認定され、併合14級が認定されていました。
 その後、相手方任意保険会社から示談金額の提示が来て、当事務所での
無料相談となりました。 

  • 相手方からの事前提示額

 
 138万円でした。

  事情をお聞きし、無料相談でお持ちいただいた資料を検討すると、明らか
に低い金額での提示といえましたので、当事務所弁護士がご依頼をお受けして
示談交渉を進めることになりました(弁護士費用特約がなかったケースでした)。

  • 解決

 
  示談交渉の結果、それまでの支払い済みの金額を除き、
 307万円 の支払いを受ける合意に至りました。
 約2.2倍アップして解決したことになります。

  個々の損害費目のうち大きな開きがあった部分の内容は以下のとおりです。

 

 事前提示額

  交渉後の金額

傷害慰謝料

  79万円  156万円

後遺障害慰謝料

後遺障害逸失利益

 後遺障害分          
 として
75万円の提示

 110万円

 86万円

 (被害者側にも一定の過失割合があった事案でした。)

 傷害慰謝料については、肋骨骨折に関する点を詳細に主張していき、上記の
合意に至りました。
 また、後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間は5年を前提とする金額で合意
することができました。

 刑事記録の取り寄せにも少し時間がかかったのですが、ご依頼をお受けして
から約1ヶ月で解決したケースでした。

 

14級の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

会社員の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます