頸椎捻挫後頚椎固定術が行われ後遺障害11級7号が認定されたケース

  • 当事者・事故状況

 
 被害者は60代男性の事業所得者の方でした。
 被害者は高速道路で四輪車に乗車していたところ、四輪車に後方から追突
されたという交通事故でした。

 

  • 受傷、治療、症状

 
 この交通事故で、被害者は、頚椎捻挫等を受傷しました。
 自覚症状としては、頚部に非常に強い痛み、一方の手の非常に強いしびれ・
知覚異常等でした。

  この交通事故から少し経過して頚椎MRI検査が実施されました。
 その後も、頚部の強い痛み、手の強いしびれ・知覚異常等は続き、仕事が十分
できるような状況にはありませんでした。

  MRI画像上、頚椎のある部位の椎間板に強い異常があったこともあり、医師
の先生から頚椎の手術(頚椎前方除圧固定術)をした方がいいとの指摘があった
ため、被害者は結局手術に踏み切りました。

 ※この頚椎MRI画像ですが、当事務所弁護士がCD-Rを確認しても、
 その部位は明らかに歪んでいる(という表現が正しいのかどうかはわかり
 ませんが)ことがわかりました。
 つまり、加齢による変性で発生するとは到底考えられないものでした。

 

  • 後遺症(後遺障害)等級認定申請とその結果

 
 当事務所弁護士が後遺症(後遺障害)等級認定申請を代理しました。

  結果は、脊柱変形障害(脊柱に変形を残すもの)として、

   後遺症(後遺障害)等級11級7号

  が認定されました。

  本件事故受傷に伴い頚椎前方固定術の施行が認められるとのことでした。

 

  • 脊柱変形障害後遺症(後遺障害)等級11級7号について

 
 「脊柱(せきちゅう)に変形を残すもの」に該当した場合、後遺症(後遺
障害)等級11級7号が認定されます。
 交通事故の受傷でよくあるのは、頚椎、胸椎、腰椎が圧迫骨折してレントゲン
等画像で確認できるというような場合です。
 ただし、それだけでなく、脊椎固定術が行われたものについても、この11級
7号に該当する可能性があります(そのほか、3個以上の脊椎について椎弓形成
術を受けた場合にもこの要件に該当することになります)。
 詳しくは当事務所にご相談ください。

  なお、上のケースは、腸骨を採って頚椎に移植したのですが、腸骨の変形に
ついては、裸体で判然としないとのことでこの変形障害は認定されませんでした。

 

11級の最新記事

四輪自動車の最新記事

脊柱障害(腰椎圧迫骨折など)の最新記事

自営業の最新記事

解決事例の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます