30代男性 むちうち、上肢しびれ 14級9号認定事例

  • 交通事故にあい、被害者が受傷した状況

 
 被害者(30代男性)は勤務先からの帰りに自転車に乗っていたところ、四輪
車に衝突されて転倒するという交通事故にあい、むちうち等を受傷しました。

 

  • 症状、治療など

 
 被害者は、交通事故にあった当日から、むちうちとなり、一方の上肢がしびれ
出したので、すぐに通院し、その後も整形外科医院に通院を継続しました。
 もちろん、むちうちによる頚部痛も事故直後から発症しており、整形外科医院
でのリハビリを継続しました。

  むちうちを原因とする(頚部痛もそうですが)上肢しびれがずっと続き、職務
に影響を及ぼし、治療中に勤務先を離職せざるを得なくなりました。

 

  • 当事務所弁護士の活動、後遺障害等級認定結果

 
 当事務所に相談に来られたのは治療を継続していたときでした。
 ご依頼をお受けした当事務所弁護士は、後遺障害等級申請を代理しました。

  後遺障害等級は、むちうち由来の頚部痛や一方の上肢のしびれなどに関して、
局部に神経症状を残すものとして14級9号が認定されました。

 

  • 症状の一貫性やMRI画像所見の重要性

 
 むちうちを受傷した月の診断書には、ジャクソンテストとスパーリングテスト
に異常があるという記載がありました。その後の経過の診断書にも、(むちうち
を原因とする)頚部痛と上肢しびれが一貫して記載されていました。
 当事務所弁護士によるアドバイスにより、MRI検査が実施されました。
 そのMRI画像を当事務所弁護士が確認すると、被害者が訴えているしびれと
MRI画像上の異常所見が整合することも確認できました(実際、後遺障害診断
書にもこの旨の記載がなされていました。)。

  交通事故にあい、むちうちを受傷した被害者の方が一番望まれることは、治る
(治ゆ)ことです。しかし、全てのケースで治ゆするとは限らず、通院治療を継続
しても症状が残ってしまうケースもあります。
 このような場合後遺障害等級認定の問題になりますが、症状が一貫して継続して
いること、MRI画像上の異常所見が診られることが重要になってきます。

 

14級の最新記事

契約社員の最新記事

自転車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます